日食観察勉強会を開催します

2012年4月26日

 平成24年5月21日(月)朝に金環日食が起こり,松江では部分日食として,90%が欠けた太陽を観察することができます。

 島根大学教育学部環境・理科教育推進室(環境寺子屋)とJAXA(宇宙航空研究開発機構),KU-MA(NPO法人子ども・宇宙・未来の会)の協働で,日食のしくみと太陽の観察の仕方について体験活動を重視して学ぶ講座を開催します。一般・子ども向けと指導者向けの2つのコースがあります。

 日食は多くの人の関心事ですが,過去誤った観察を行ったため失明するなどの事故も起こっています。そのため,文部科学省等関係機関より安全教育の徹底がはかられています。

 講師陣に,あの「はやぶさ」開発や宇宙教育で著名な的川泰宣先生(JAXA名誉教授・技術参与),理科指導のプロの遠藤純夫先生(全国中学校理科教育研究会顧問)をお迎えし,実習を指導されます。両先生とも,KU-MAに所属され,日頃から宇宙教育を実践しておられます。

 

 多くの方のご参加をお待ちしています。

 

 

                          記

 

 

      ■日時  5月12日(土) Aコース10:00~12:00  Bコース9:00~12:00


      ■場所  島根大学教育学部内


      ■募集人数   Aコース(一般・子ども向け) 150名程度(Aコースは,申込み受付を終了しました)
                  Bコース(教員・指導者向け) 80名程度(先着順)


      ■担当者    百合田真樹人・高須佳奈(島根大学教育学部)


      ■申込み方法等   FAXまたはe-mailで受け付けています。詳しくは,案内をご覧ください。

 

      日食観察勉強会のご案内.pdf(1.23MBytes)

 

 

      

 

  

お問い合わせ

教育学部
環境・理科教育推進室(環境寺子屋)
電話:0852-32-9872