松江キャンパスで防災・防火総合訓練,出雲キャンパスで防火訓練を実施しました

2012年12月6日

  11月9日に松江キャンパスで防災・防火総合訓練,出雲キャンパスで防火訓練を実施しました。

 

 松江キャンパスでは,島根県東部で震度6強の地震に伴い,火災を含む様々な災害が発生したと想定し,小林学長を本部長とする災害対策本部,事務職員による自衛消防組織を設置し,トランシーバーを用いた情報伝達,避難誘導,AED蘇生,初期消火等の訓練を行いました。

 特に火災については,消防署との大規模な合同訓練を行うため,火災が複数の建物で発生したと想定し,自衛消防組織で対応しきれない建物については,はしご車を使い建物5階から逃げ遅れ者の救出訓練も実施しました。

 

 また,出雲キャンパスでは,深夜に附属病院で火災が発生したと想定し,夜勤者,当直者による消防署及び本学関係者への通報・連絡,初期消火並びに入院患者の避難誘導等の訓練を行いました。

  

 訓練の終了後には,防災教育として,消防署の職員による消火器取り扱い講習等が行われるとともに,訓練で判明した課題等の検討会も行われ,今後の災害対策に向け,大変有益な訓練となりました。

 

 gakuchositu.jpg

 災害対策本部で職員に指示を出す小林学長(松江キャンパス)

 

 

kanja.jpg

 入院患者の避難誘導等訓練の様子(出雲キャンパス)

お問い合わせ

施設企画課
資産管理担当
電話:0852-32-9821