舞木昭彦准教授が文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞

2014年4月7日

 

  生物資源科学部生物科学科の舞木昭彦准教授が、平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞することになりました。
 この表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた研究者の功績を讃え、研究意欲と科学技術水準の向上に寄与することを目的として実施されているもので、若手科学者賞は、萌芽的研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績を上げた若手研究者が表彰されます。
 舞木准教授の今回の受賞は「生物多様性の進化と維持機構の理論研究」に対するものです。生態系に捕食・競争・共生などの多様な生物種間関係が存在することが自然のバランスを保つ鍵であることを世界で初めて突き止める等の研究成果をおさめ、その内容が米国科学誌「Science」(2012年7月20日発行)に掲載されるなど、研究活動が高く評価されました。
 4月15日には文部科学省で授賞式が執り行われる予定です。舞木准教授のさらなる飛躍を期待いたします。

舞木写真.png
舞木昭彦准教授

 文部科学省HP報道発表「平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者等の決定について」

お問い合わせ

生物資源科学部
電話:0852-32-6493