笹井 亮准教授の研究成果が日刊工業新聞に掲載されました

2014年4月24日

 4月22日付の日刊工業新聞に本学総合理工学研究科物理・材料科学領域の笹井准教授の研究成果が「島根大、ネオジム磁石廃材からネオジムを常温常圧回収するシステム開発」として掲載されました。
記事の詳細は、日刊工業新聞社のHP(http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0820140422eaak.html)からご覧いただけます。
本研究の成果は、平成24年度環境研究総合推進費補助金「ネオジム磁石廃材からの非加熱式全元素回収プロセスの開発(H24~H26年度)」により得られたものです。