シンポジウム「地域の法律系人材養成の展望」を開催します!【3/14】

2015年2月6日

シンポジウム「地域の法律系人材養成の展望」
~山陰法科大学院の理念・実績の継承と新時代の法学教育のために~

 

 今の時代ほど、公正で公平に物事を見て考え行動ができる人材が求められている時代はないのではないでしょうか。
 国際社会との関係においても、今の日本社会は多くの問題を抱えていますが、このような中にあって、社会の多様な局面でこれらの問題を公正で公平に見て考え行動のできる人材が強く求められています。本来、そのような人材を各地域で養成することが地方国立大学の使命、特に法学系学部・学科・大学院等の使命だと私たちは考えています。
 しかし、残念ながら、現状においては、全国的な傾向として法学系学部・学科・大学院を志願する者も、また法科大学院を志願する者も減少しており、日本社会・地域社会にとって由々しき状況をもたらしています。
 このような状況を切り開き、私たちの使命を果たすために、この度、地方国立大学法科大学院研究科長会議のみなさんとの共催で、シンポジウムを開催することになりました。
 このシンポジウムでは、法科大学院の極めて厳しい状況はもちろんのこと、地域における法律系人材養成力の弱体化など、現状についての問題提起を行い、法曹養成を含む地域における新たな法学教育のあり方と展望につき議論をし、その問題解決の手がかりを得たいと考えています。
 多くの方のご参加を心よりお待ちしております。

 

                         島根大学山陰法実務教育研究センター長
                              (島根大学大学院法務研究科長)
                                          朝 田 良 作

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------                           
  主 催 : 島根大学山陰法実務教育研究センター
  共 催 : 地方国立大学法科大学院研究科長会議(G8)
  日 時 : 平成27年3月14日(土)   13:00~17:30    
  
場 所 : 東京 (Learning Square 新橋4F
  その他 : 参加費無料
        ○
シンポジウムポスター
          ○シンポジウム案内文参加申込書

お問い合わせ

法務研究科
電話:0852-32-9835