法実務スキルアップ教育(社会人学び直し教育プログラム)の閉講式を行いました

2016年10月24日

 山陰法実務教育研究センターでは、昨年度(平成26年10月~27年9月)から、「法実務スキルアップのための社会人学び直し教育プログラム」を実施しています。
 去る10月17日(月)午後6時30分より、本学の法廷教室において、本年度(平成27年10月~平成28年9月)の当教育プログラムの閉講式が行われました。当プログラムには、公共法実務コース、企業法実務コースおよび医療・福祉法実務コースが設けられていますが、本年度は、企業法実務コース5名および医療・福祉法実務コース1名の方が、当プログラムで120時間以上の履修をされました。これら6名の方に、学校教育法第105条に基づいて、「履修証明書」が交付されました。
 今年度は、当教育プログラム受講の総まとめとして、受講生の皆さんにレポートを作成していただきましたが、いずれのレポートも、日々の職場での経験に裏付けられたもので、たいへん優秀でした。
 その後、意見交換会が行われ、数々の積極的なご意見をいただきました。社会人の皆さんの学ぶ意欲にしっかり応えられるよう、私たちも当プログラムを一層改善していこうと考えています。
 閉講式終了後は、大学の近くで、懇親会が催され、夜遅くまで歓談しました。
                                 
(文責:玉樹智文)
                   【閉講式の様子】

    

*山陰法実務教育研究センターのHPはこちら


お問い合わせ

法務研究科
山陰法実務教育研究センター
電話:0852-32-9835