総合理工学研究科 濱口雅史准教授と谷口隆雄名誉教授が2016年度計測自動制御学会論文賞を受賞しました

2016年10月26日

 総合理工学研究科 機械・電気電子工学領域 濱口雅史准教授と谷口隆雄名誉教授が,2016年度計測自動制御学会論文賞を受賞しました。賞を受けた研究は「6自由度パラレルリンク型アクティブ吸振器付き搬送台車による液体タンクの制振制御―水平な直線路走行の場合―」です。
 本研究は,6自由度パラレルリンク型アクティブ吸振器付き搬送台車により,液体タンクの制振制御を行ったものです。搬送台はリンクを介して6台の直動アクチュエータによって支持され、各アクチュエータを協調動作させることにより,搬送中に生じる液体タンク内の液面振動が抑えられます。また,搬送毎にタンク内の液体量が変化しても対応できるように制御系が設計されています。なお,研究の第一段階として,今回は水平な直線路走行を対象としていますが,今後は,曲線路や斜面路,そして凹凸路面上走行についても研究される予定です。

http://www.sice.jp/about/awards/

 

賞状濱口先生.jpg  副賞(盾)01.jpg