三次市立君田中学校の生徒が島根大学を訪問しました。

2017年6月27日

 614日(水)広島県三次市立君田中学校の3年生15名による大学訪問がありました。この訪問は、キャリア学習の一環として、実際の大学を見学することを通して、自分自身の将来の進路を考え、今後の進路実現に生かす目的で参加されました。

 

 午前中はアドミッションセンターの和久田准教授による大学説明に続いて、大学ホールで法文学部の岩本准教授による講義「古代出雲の考古学」を見学した後、学生食堂で昼食をとりました。講義中には引き締まった表情で見学をしていた生徒も学食ではリラックスした表情を見せていました。

 午後からは3班に分かれ、キャンパスゼミナールネットワークの学生7人にインタビューする形で交流をしました。それぞれの班で、大学生活や大学入学までにしていた勉強方法、中学校や高校でしておくべき事などについて、メモをとりながら熱心に質問していました。

 

 今回の大学訪問をきっかけに、中学生の皆さんにさらに島根大学へ興味を持っていただけることを期待しています。

 

 君田中1.png

大学説明(和久田准教授)「夢について」

 

君田中2.png

講義(岩本准教授)「古代出雲の考古学」

 

君田中3.png

学食体験

 

君田中4.png

キャンパスゼミ生との交流

 

お問い合わせ

地域連携・研究協力課
地域連携推進G
電話:0852-32-9757