『やさしい医工連携』のための病院見学ツアーおよび意見交換会を実施しました

2017年8月21日

 

 去る8月5日(土),企業シーズと病院ニーズのマッチングを目的として,地元企業および出雲市(経済環境部)による病院見学ツアー(高度外傷センター)および産学官の意見交換会を実施しました。
 島根大学医学部は救急医療の産学連携を推進しており,地域のICT企業および出雲市圏域のICT企業で構成するチーム出雲オープンビジネス協議会による10社(20名)が,ハイブリッドER(Hybrid Emergency Room)など最新の医療設備を見学しました。
 続いて産学連携センターにおいて,救急医療など地域医療に資する共同研究の立ち上げに向けて,活発な意見交換がありました。
 同様の趣旨で,今後も病院見学ツアーを別途企画する予定です。

 

本学が保有する救急医療に関連した特許
特許取得:「救急医療における情報通信ネットワークシステム」 2012-013088号
特許出願:「動脈採血デバイス」 特願2016-16307

見学会の様子1

見学会の様子
(医学部Acute Care Surgery講座
渡部教授による説明) 

見学会の様子2

見学会の様子
 (渡部教授、井川病院長による説明)


意見交換会の様子1

意見交換会の様子
 (産学連携センター 中村教授による説明)

意見交換会の様子2

意見交換会の様子
 (出雲市経済環境部 鐘築部長の挨拶)

 

【問合せ先】
 産学連携センター地域医学共同研究部門
 TEL 0853-20-2912