地域コミュニティラボ展示「三江線へのまなざし」を開催します!

2017年10月2日

地域コミュニティラボにおいて展示「三江線へのまなざし」を開催します。

島根県江津市と広島県三次市を結ぶローカル鉄道の三江線は、平成29年度末の廃線決定をきっかけに、改めてその価値や沿線地域を見直す取組が活発になってきました。私たちはどのように三江線を見つめたらよいのでしょうか。島根大学の教員と学生が関係して出版された2 冊の書籍を手がかりに考えます。

 

lab_sankosen.jpg

会 場: 島根大学附属図書館(松江キャンパス) 1階 地域コミュニティラボ(展示室) 

期 間: 2017年10月24日(火)~11月6日(月)

時 間: (月~金)         8:30~21:30

       (土・日・祝日) 10:00~17:30

主 催: 島根大学

協 力: 三江線沿線魅力化プロジェクト・島根大学法文学部山陰研究センター・ハーベスト出版(株式会社谷口印刷)

※「地域コミュニティラボ」は、「地域未来創造人材の育成を加速するオールしまね協働事業」(COC+事業)の「しまねクリエイティブラボネットワーク」の一つとして、附属図書館に開設されたものです。

 

お問い合わせ

図書情報課
情報サービスグループ
電話:0852-32-6086
ファクシミリ:0852-32-6089