松江市民フォーラム「島根大学病院の最新治療」2017 秋 を開催しました

2017年10月6日

 9月24日(日)、松江テルサにおいて「松江市民フォーラム『島根大学病院の最新治療』2017 秋」を開催し、129名の参加者がありました。
 松江市民フォーラムは、昨年から年2回開催しており、今回で3回目となります。
 井川幹夫病院長の挨拶の後、3人の講師が当院の最新治療について分かりやすく講演しました。
 始めに、呼吸器・化学療法内科の礒部威教授が「肺がん」や「気管支喘息」、「肺線維症」などの呼吸器疾患の原因・症状・治療法を説明しました。
 続いて、脳神経外科の秋山恭彦教授が、「当院で行っている最新の脳神経外科治療について」と題し、「クモ膜下出血」、「脳動脈瘤」、「脳梗塞」の症状と治療法を説明した後、出血を最小限に抑える手術など、当院で行っている最新の手術を映像で紹介しました。
 最後に、眼科の大平明弘教授が、「糖尿病黄斑浮腫」に有効な治療法である硝子体注射が高価であることから、アイスランド大学と点眼薬を共同開発し、臨床試験で大きな効果が実証されていることが報告されました。
 参加者は時折頷きながら、終始真剣な表情で講演に聞き入っていました。
 講義後の質疑応答は途切れることなく、島根大学病院への関心の高さが窺われました。アンケートには、「たくさんの最新治療を実施していることがわかった」「今後は島根大学病院を受診してみたい」など、多くのコメントをいただきました。


<演題>

  1. 呼吸器疾患の最先端医療:肺がん、気管支喘息、肺線維症
     呼吸器・化学療法内科 教授 礒部 威
  2. 島根大学病院で行っている最新の脳神経外科治療
     脳神経外科 教授 秋山 恭彦
  3. 糖尿病黄班浮腫の最新治療について
     眼科 教授 大平 明弘

 

講演の様子
講演の様子


質疑応答の様子
質疑応答の様子

 

 

お問い合わせ

医学部
総務課企画調査係
電話:0853-20-2019