「自転車盗難被害防止活動(ワイヤー錠取付)」を実施しました

2018年1月4日

島根大学構内で無施錠の自転車が多く,自転車盗難が絶えないことから,学生の自転車の鍵掛けを習慣づけることを目的として,島根大学防犯ボランティアの有志が1220()に自転車の鍵掛け運動を実施しました。

 今回の実施にあたっては,防犯ボランティアの学生が松江警察署と3回の座談会を経て「自転車盗難被害防止活動(ワイヤー錠取付)」を企画し,学生がデザインしたポスター(チラシ)を構内に掲示及びチラシを配布し事前に周知を行いました。

 当日は,構内2箇所の駐輪場を回り,無施錠の自転車に鍵掛けを呼びかけるプレートと一緒にペナルティとしてハンドルにワイヤー錠を取り付けました。ワイヤー錠は自転車の走行には支障はありませんが,取り外すには松江警察署に連絡し暗証番号を聞いて開錠でき,その後は鍵を無償で譲り受けて活用するものです。

ワイヤー錠取付に参加した防犯ボランティアからは,「友達の自転車が無施錠で盗難に遭ったことがあり,鍵掛けの意識向上により一台でも被害を減らしたい。」という声が聞かれました。

みなさんも,短時間の駐輪であっても必ず鍵をかけましょう。

  

  掲載用写真1.jpg  掲載用写真3.jpg

 

  掲載用写真4.jpg         掲載用写真2.jpg

         

お問い合わせ

学生支援課
総務・学生活動支援グループ
電話:0852-32-6330