高等学校生徒による大学訪問を行いました

2017年12月27日

 10/11(水)、10/17(火)、10/24(火)、11/8(水)に、県内外の高校生(18校の生徒約1200名)が島根大学を訪問しました。

 はじめにアドミッションセンター和久田准教授による大学説明、教育推進センター鹿住准教授によるクリッカーを使用した模擬授業を受講しました。昼食後は、生徒の希望する学部に分かれ、学科ごとの特色、入試方法、授業内容等の説明を聞き、大学生との交流や研究室の実験機器等の見学を行いました。

 参加した生徒たちは、熱心に講義を受講し、また学内の施設等を興味深く見学していました。生徒からは「自分の将来を考えるのに役立つ内容だった。」「自分の好きな分野をみることができてよかった。」「大学の設備や学部について実際に見て知る事ができた。」などの感想がありました。

 この訪問を通じて、島根大学に興味を持ってくださることを期待します。

 

 島根大学では,高校教育及び大学教育の改善充実に資する取り組みについて,高校と連携を強化し,相互の充実を図りたいと考えています。大学訪問は、高校の学習の一環(総合的な学習「アカデミーオリエンテーション」,上級学校見学,進路見学会等)として,島根大学において,施設見学,学部説明,授業見学等を行うことを目的として行っております。

 島根大学の高大連携についての詳細は下記をご覧ください。

 http://www.shimane-u.ac.jp/exchange/exchange_local/highschool/ 

1.JPG 2.JPG

3.JPG 4.JPG

5.JPG 6.JPG

7.JPG 8.JPG

9.JPG 10.JPG

11.JPG 12.JPG

お問い合わせ

地域連携・研究協力課
地域連携推進G
電話:0852-32-9757