生物資源科学部アドミションポリシー

生命科学科

求める学生像

生命科学科では,生命が織りなすさまざまな現象について分子,細胞,組織,個体,生物集団など多様な階層での理解を深め,そのメカニズムを探究し,生命科学分野における正確な知識の普及や新たな概念の創出,あるいは生命を解析する技術を生物資源の利活用へと発展させる意欲がある,次のような人を受け入れます。
1.高等学校卒業段階の基礎的な学力を十分に身につけている人
2.自ら学ぼうという学習意欲,論理的な思考とそれを表現する能力を有する人
3.生命科学を学ぼうとする強い意志を持ち,生命現象への探究心や科学的好奇心に富んだ人
4.生命科学分野の知識・経験を生かして将来食品・化学工業,医薬・農薬製造業などの生物・化学産業で活躍したい人

入学者選抜の基本方針

 一般入試(前期日程)

【基礎的知識と思考力を重視】
 大学入試センター試験と,個別学力試験(「理科」「英語」から1教科1科目)を課し,各教科の基礎的な知識を幅広く習得しているか,習得した知識を活用して問題を解くための思考力を身につけているかを評価し,選抜を行います。

一般入試(後期日程)

【基礎的知識と思考力・意欲を重視】

 大学入試センター試験では,高等学校における各教科の基礎的な知識を幅広く習得しているか,習得した知識を活用して問題を解くための思考力を身につけているかを評価します。「面接」では,科学的思考力・生命科学の基礎的な知識と強い探究心について評価します。また,学習・研究に対する熱意と意欲を持つかどうか,主体性を持って学ぶ態度を備えているかどうかを評価します。

推薦入試I

【科学的思考力,生物科学を学ぶ意欲を重視】

 「小論文」によって,思考力,文章読解力(英文を含む),文章表現力を評価します。「面接」によって,科学的思考力・生命科学の基礎的な知識と強い探究心について評価します。また,学習・研究に対する熱意と意欲を持つかどうか,主体性を持って学ぶ態度を備えているかどうかを評価します。「調査書」では,高等学校における各教科の基礎学力を評価します。

区分

選抜方法

知識

思考力

文章読解力

表現力

意思
意欲

一般(前期日程)

センター試験

 

個別学力試験

 

一般(後期日程)

センター試験

 

面接

推薦入試Ⅰ

小論文

 

面接

調査書

 

 


 

農林生産学科

求める学生像

農林生産学科では,自然,生物,食に興味があり,農林水産業の実態・技術・研究・普及に関する知識と技能を深めようとする,次のような人を受け入れます。
1.高等学校卒業段階の基礎的な学力を十分に身につけている人 
2.自ら学ぼうとする姿勢を持ち,他者と協力して学べる誠実な人 
3.山陰地域の農林水産業が抱える課題とその解決に強い関心を持っている人 
4.国内外の農林水産業の発展に貢献しようとする強い意欲を持っている人

入学者選抜の基本方針

一般入試(前期日程)

【基礎的な知識と思考力を重視】

 大学入学センター試験と,個別学力試験(「数学」,「理科」,「英語」から1教科1科目)を課し,各教科の基礎的な知識を幅広く習得し,問題を解くための文章読解力・表現力を身につけているかを評価し,選抜を行います。

一般入試(後期日程)

【基礎的知識と思考力・意欲を重視】

 大学入試センター試験では,高等学校における各教科の基礎的な知識を幅広く習得しているか,習得した知識を活用して問題を解くための思考力を身につけているかを評価します。「面接」では,科学的思考力・農林生産学の基礎的な知識と強い探究心について評価します。また,学習・研究に対する熱意と意欲を持つかどうか,主体性を持って学ぶ態度を備えているかどうかを評価します。

推薦入試I

【知識・思考力・表現力,主体的な学びと協働的な学びの経験と将来への意欲を重視】

 「小論文」によって論理的思考力,文章読解力,文章表現力を評価します。また,「面接」では,明確な志望理由,自然,生物,食への関心とそれらに関する知識・経験,さらに社会活動に関する地域もしくは国際的志向性に基づき総合的に評価します。

各選抜方法における求める力(評価する力)

区分

選抜方法

知識

思考力

意思
意欲

地域もしくは国際的志向

文章読解力

表現力

一般(前期日程)

センター試験

 

 

個別学力試験

 

 

一般(後期日程)

センター試験

 

 

面接

 

 

推薦入試Ⅰ

小論文

 

面接

 

 

環境共生科学科

求める学生像

環境共生科学科では,資源と環境を適切に保全・管理しながら持続的に利用する環境調和型社会の創造に関心を持ち,その実践のために必要となる専門知識や技術を学ぶ意欲のある,次のような人を受け入れます。
1.高等学校卒業段階の基礎的な学力を十分に身につけている人
2.論理的に思考し,客観的な事実から判断を行い,その結果を的確に表現する能力を身につけている人
3.旺盛な学習意欲と明確な目的意識を持ち,主体性をもって多様な人々と協働して専門知識や技術を学ぶ態度を身につけている人
4.山陰地域が有する豊かな資源と環境を保全・管理するために必要な専門知識や技術を学び,将来,地域に貢献したいと考えている人

入学者選抜の基本方針

一般入試(前期日程)

【基礎的知識と思考力を重視】

 大学入試センター試験と個別学力試験(「数学」,「理科」,「英語」から1教科1科目)を課し,各教科の基礎的な知識を幅広く習得しているか,習得した知識を活用して問題を解くための思考力を身につけているかを評価し,選抜を行います。

一般入試(後期日程)

【基礎的知識と目的意識を重視】

 大学入試センター試験によって,基礎的な知識を幅広く習得しているかを評価します。また「面接」では,志望理由と動機の明確さ,および環境調和型社会の創造への関心の高さを評価します。

推薦入試I

【思考力・表現力,旺盛な学習意欲と明確な目的意識を重視】

 「小論文」によって文章読解力・思考力・文章表現力を評価します。また「面接」では,環境問題や環境調和型社会に関する基礎的知識,学習意欲の旺盛さ,および目的意識の明確さを評価します。「調査書」では,高等学校における各教科の基礎学力を評価します。

各選抜方法における求める力(評価する力)

区分

選抜方法

知識

思考力

意思
意欲

文章読解力

表現力

一般(前期日程)

センター試験

 

個別学力試験

 

一般(後期日程)

センター試験

 

面接

 

推薦入試Ⅰ

小論文

 

面接

調査書

   





AO入試Ⅰ(地域貢献人材育成入試)【生物資源科学部】(3学科共通)

入学者選抜の基本方針

AO入試Ⅰ

【思考力・表現力,地域貢献への熱意・意欲を重視】

「小論文」によって、論理的思考力、文章読解力、文章表現力を評価します。また「プレゼンテーション」では、地域社会の活性化に貢献しようとする意欲の強さを評価します。

各選抜方法における求める力(評価する力)

区分

選抜方法

構想力
伝える力

思考力

意思
意欲

地域への
志向

文章読解力

表現力

AO入試Ⅰ

小論文

 

 

 

プレゼンテーション