生物資源科学研究科アドミションポリシー

生物生命科学専攻

求める学生像

生物生命科学専攻は、個々の生命分子の構造や性質を解明し、生命の営みのなかで生命分子が繰り広げる複雑な挙動と相互作用を解き明かにし、さらには細胞や個体・集団・生態系レベルでの様々な協調作用や階層構造を明らかにすることで、生命現象の原理を追究することに興味を持つ学生、また社会の健全な発展に向けた技術や製品開発に興味をもつ学生をもとめます。本専攻では、生命現象を総合的に理解し探求するうえで必要となる、分子から細胞、個体・集団・生態系に至る幅広い知識と研究技能を持ち、かつ柔軟な発想力をそなえた人材を育成する教育を行います。

 

入学者選抜の基本方針

本専攻で授業を履修し、研究を行うためには、生物学(生物分野)、または生命工学(生命工学分野)の基礎知識および語学力が必要です。そのため、一般入試では、生物学の専門知識、または生命工学の専門知識および語学力を備えた学生を、推薦入試では大学における成績が優れており、人物が優秀で意欲的な学生を受け入れます。

 

 

農林生産科学専攻

求める学生像

農林生産科学専攻は、持続可能な人間生活の実現と生物生産体系の構築ならびに生物生産技術の開発による国内外の農林畜産業の活性化と農耕地および森林の多面的な機能の維持を目指します。そのために農林生産分野に関する科学的基礎力と応用力、ならびに専門領域の基礎知識を備え、農林業生産が抱える諸問題の解決に強い関心と熱意、研究への意欲を持った学生を求めます。そして本専攻では農業、畜産業、水産業および森林・林業について自然科学的側面と社会科学的側面から高度な専門技術と知識を習得しながら研究活動を行う過程で、これらの専門領域の諸問題を自ら発見し解決できる能力、実行力そして社会的責任を身につける教育を行います。

 

入学者選抜の基本方針

農林生産科学専攻において対象とする農業、畜産業、水産業および森林・林業についての基礎的な知識と学習意欲を評価します。一般入試では農林生産科学の基礎知識と応用力を備えた学生を、さらに推薦入試では大学における成績が優れており、人物が優秀で意欲のある学生を受け入れます。

 

環境資源科学専攻

求める学生像

環境資源科学専攻は、自然と人間が真に共生しつつ物心ともに豊かな21世紀型社会の実現に向けて、生活環境、生産環境および自然環境を構成する様々な資源(水、大気、土壌、エネルギー、施設、機械、情報、動物、植物、微生物等)に関する学術、産業、教育、地域文化等に貢献できる“プロフェッショナル”の輩出を目指します。そのために、生物学、生態学、工学および農学等に関する基礎学力が必要です。本専攻では、これらの視点や手法を自在に導入しながら環境資源を多角的に理解、評価、管理、保全、改善できる高度な見識と学力を有し、かつ確固たる責任感と倫理観をも備えた人材を育成する教育を行います。

 

入学者選抜の基本方針

環境資源科学専攻において対象とする様々な資源(水、大気、土壌、エネルギー、施設、機械、情報、動物、植物、微生物等)に関する基礎的な知識、学習意欲、理解力および表現力を評価します。口頭試問および面接については、志望理由書の内容を参考資料として用います。一般入試では筆記試験と口頭試問および面接により、推薦入試では大学における成績が優れている学生を口頭試問および面接により評価します。得点の上位から基準点を満たした者を合格とします。なお、同点の場合は同順位とします。