生物資源科学部・生物資源科学研究科

授業風景

生物資源科学部

“いのち”あふれる地球を育む

 本学部では、生物・生命を、人間社会と広範で多様な関係を有する存在という広い意味での資源と捉えます。
 そして生命現象の基本原理から、生物資源の育成、利用、開発保全と、それを育む環境に関する広い分野を教育研究の対象としています。

生物資源科学部オリジナルサイトはこちら http://www.life.shimane-u.ac.jp/

生物資源科学部の理念・目的,入学者受入方針,教育内容,卒業後の進路
生物資源科学部のディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミションポリシー

学科

生物科学科

生物現象の不思議を科学する
 生物科学科では、生物界に見られる多様な現象を科学する教育と研究を行っています。その対象は、DNAやタンパク質などの分子レベルから、細胞レベル、組織・器官レベル、個体レベル、種レベルにいたる構造(形態)と機能(生理)、時間軸が重要な発生、遺伝、進化など非常に広い範囲に渡っています。これら多様な生物現象の不思議に触れ、解き明かす過程を経験してもらうことにより、論理的思考力、問題解決能力を身につけた社会人として活躍できる人材の育成を目的としています。入学初年度は生物科学の基礎を幅広く学びます。学年が進むにつれて、生物科学のさまざまな専門領域を深め、先端生物科学に触れることができます。講義に加え、セミナーや実験を通して、実験技術、科学的な考え方と方法を学んでいきます。4年次には各教員の研究室に配属され、卒業論文を書くための研究を行い、自分の手で生物現象の謎解きを行う喜びを味わうことができます。

生命工学科

生命を科学する
 生命工学科では、ライフサイエンスとバイオテクノロジーに関する幅広い知識と高度な専門技術を学びます。生物学と化学の知識を基盤に、遺伝子操作、生命情報解析、バイオイメージング、有機合成、分子構造解析等の最先端技術を駆使して、微生物・動植物が持つさまざまな生命現象の基本的なメカニズムを分子・細胞・生体のレベルで解明を行うとともに、その応用として生物の持つ有用機能を食品・化学工業、医薬・農薬製造業、農林水産業などの生物産業と化学産業に役立てるための教育と研究を行っています。生命工学科では、2年生前期から学生実験を始め、3年生後期から各研究室へ配属することで、早い時期から実験の楽しさや難しさを経験し、将来、技術者や研究者として活躍できるようにカリキュラムが組まれています。総合科学研究支援センターとは密接に連携しており、充実した高度な研究設備を利用して、優れた環境の中で学ぶことができます。

農林生産学科

農林生産の基礎から現場まで
 農林生産学科は、農林業生産による豊かな人間生活の実現を目指し、様々な問題を抱える農産物及び林産物に関する持続可能な生産技術、経営・経済、並びに生産環境を取り巻く生態系について教育と研究を行う学科です。本学科の特徴は、豊かな自然環境に恵まれた山陰地域という立地条件を活かしたフィールド学習など幅広いカリキュラムを通して、農林業とそれを取り巻く生態系、地域社会について総合的に学ぶことができる点にあります。本学科は、農業生産学、森林学、農林生態科学、農村経済学の4つの教育コースからなり、相互に連携しながら専門性を高める教育と研究を行います。
●農業生産学教育コース
 地球温暖化や生産者の高齢化などの自然・社会環境の変化に直面する農産物の生産とその品質・安全性など、国内外の農業生産現場が抱えている問題を解決するための教育と研究を行います。
●森林学教育コース
 森林の生態と育成・保全、土壌と水環境、森林資源の林業機械による利用、バイオマスエネルギー利用、リモートセンシングによる管理、森林を取巻く政策・経済について教育と研究を行います。
●農林生態科学教育コース
 植物・昆虫・微生物などが織りなす生命現象とその多面的な価値に注目し、持続可能な農林業と生態系や環境の保全、管理、活用に関する教育と研究を行います。
●農村経済学教育コース
 国内外の農業・農村を主な対象とし、中山間地域の活性化問題や資源・環境問題、農業経営・市場問題などの社会経済問題を考察し、解決していくための手法について教育と研究を行います。

地域環境科学科

環境に調和した循環型社会の確立をめざして
 本学科では、環境に調和した循環型社会の確立をめざし、土・水・生物等の地域の資源及び環境を適切に調査・評価し、総合的に保全・管理するための知識と技術を習得できます。生態環境科学、環境資源工学、地域工学の3つの教育コースで専門的知識・技術を体系的に学習できます。
●生態環境科学教育コース
 人と自然との共存や生態系の保全を目指し、生物が生息する水・土環境で生じる様々な現象とそのメカニズムを科学の視点から理解するための知識と方法を学習します。山地・森林から河川・湖沼・海域を含む流域を対象として、水域では水生生物と生息環境・水質・水文に関して、陸域では森林・草地や農耕地の調査・評価方法を習得します。
●環境資源工学教育コース
 地域資源循環型社会の構築を目指し、地域資源を有効かつ持続的に利用するための、また人間活動と共存できる生態系を保全・修復するための知識と技術を学習します。土、水、大気、生物及び人工物を介した物質の移動や循環をミクロ及びマクロの視点から理解・制御する方法や、水や土壌環境を保全・修復する工学的手法を習得します。
●地域工学教育コース(JABEE(日本技術者教育認定機構)認定コース)
 農村地域や中山間地域の有する地域資源を有効に活用して、地域の豊かな生産環境・生活環境・自然環境を創造・管理・保全するための専門的な基礎学力と技術を、工学的な観点から習得します。また、科学技術が公衆や環境に及ぼす影響(有用性と危険性)や責務といった技術者倫理や、必ずしも解が一つでない課題にアプローチするエンジニアリング・デザインについても学びます。

 

生物資源科学研究科

生物資源科学研究科オリジナルサイトはこちら  http://www.life.shimane-u.ac.jp/daigakuin/

生物資源科学研究科の理念・目的,入学者受入方針,教育内容等
生物資源科学研究科のディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミションポリシー

生物生命科学専攻 農林生産科学専攻 環境資源科学専攻

 本研究科では、各専攻それぞれに「課題研究コース」、「学術研究コース」、「地域産業人育成コース」を設け、各人の志向に応じたカリキュラムの選択を可能にしています。課題研究コースでは多様な高度専門職業人を養成するため、学術研究コースでは連合大学院博士課程への進学等研究者を目指す人材を養成するための、また、地域産業人育成コースでは地域産業において指導的役割を果たす人材を養成するための教育プログラムを提供します。また、セメスター制の採用により秋入学を可能にし、社会人や留学生の利便性の向上をはかっています。
 講義では研究科共通科目の必修科目として「科学方法論」や「生物資源科学論」を設け、総合科学的な視点を深めるとともに、専攻、コースに応じた研究や演習により、高い独創性と実践力、国際的な対応力を養っています。