法務研究科ディプロマポリシー

  1. 地域社会の法化の進展に寄与するとともに国際化の時代にも対応できる専門的ジェネラリストとしての法曹養成という理念に則り、優れた法的理性(法的理解力・思考力・分析力・判断力等)と高い専門的知識を有し、強い責任感と人間的魅力に富んだ高度専門職業人であることが、学位授与において考慮されるべき重要な点です。
  2. この点を踏まえ、本研究科では、所定の年限を在学し、本研究科が教育の理念及び目的に基づいた所定のカリキュラムに沿った教育を受け、必要修得単位を含む所定の単位を修得し、かつ、所定の科目平均評価点(GPA)を満たすことが学位授与の要件です。