法務研究科カリキュラムポリシー

専門職学位課程(法科大学院)である本研究科は、学位授与の方針に基づき、次に示す教育目標と教育課程を編成し実施しています。


本研究科では、

  1. 法律基本科目である公法、民事法、刑事法の体系と理論を理解し修得すること
  2. 法実務において解決を迫られる問題に対して実践的に対処する方法と技能を修得すること
  3. 先端応用領域における法的問題を解決する理論と方法を修得すること

を教育目標の三本柱としています。そして、この三本柱を基礎に据え、特に現代の地域社会における法的諸問題を適切に解決できる人材養成のために、次のような3つの視点を重視した教育課程を編成しています。

 

実務性

「理論と実務の架橋」を目指し、具体的事例を用いる「総合科目」及び「エクスターンシップ」「リーガルクリニック」等の臨床科目を設けています。

 

現代性

現代の科学技術の急速な発展と社会の構造の変化に伴う課題に積極的に取り組む視点から、「地域と法」「環境法」「家族と法」「高齢者・障害者問題」等を設けています。

 

倫理性

高度専門職業人たるリーガル・プロフェッショナルとして社会的に求められる高度の職業倫理観の涵養する視点から、「法曹倫理」「リーガルクリニック」「ローヤリング」等の授業科目を設け、教育を行っています。