医学系研究科の理念・目的,入学者受入方針,教育内容等

医科学専攻修士課程

理念・目的

  医科学専攻修士課程は, 医学部医学科以外出身の者に, 総合的・学際的サイエンスとしての医科学の視点を付与し, 本学及び地域における独自の研究・教育の実績を, 教育・訓練を通じて学生に還元することによって, 老年・若年人口対策, 医食同源等の分野に関わる研究・教育,社会事業・企業活動などに, 医科学の基礎と専門知識を持って携わることのできる人材の育成を目的とします。

 

教育内容等

 医科学専攻修士課程は,教育・研究領域として次の4コースを設定しています。

 

  1. 総合医科学コース
     多様な背景を持つ学生に,医科学の視点から教育することによって,老年・若年人口対策, 医食同源等の分野にかかわる研究・教育,社会事業・企業活動などに,医科学の基礎と専門知識を持って携わることのできる人材を育成します。
     
  2. がん専門薬剤師養成コース
     薬剤師免許を有する者(薬剤師免許取得見込みの者を含む。) を対象とし,課程修了後にがん薬物療法認定薬剤師及びがん専門薬剤師の認定申請資格が取得可能な人材を養成します。
     
  3. 地域医療支援コーディネータ養成コース
     県及び各市町村において地域の医師定着支援と地域で働く医師・看護師等の支援を業務とする「地域医療支援コーディネータ」を養成します。
     
  4. 医療シミュレータ教育指導者養成コース
     医療系大学及び医療機関に設置されたスキルアップセンターやスキルラボにおいて医療シミュレータ教育に従事することや,医療系職種の養成機関において臨床実習前のシミュレータ教育に従事することができる「医療シミュレータ教育指導者」を養成します。
     

 

医科学専攻博士課程

理念・目的

 医科学専攻博士課程は,医学の専門領域及び関連領域で自立して独創的研究活動を行うに足る高度の研究能力,豊かな学識と人間性を備えた教育,研究の指導的役割を担う人材の育成を図るとともに,医療に求められる高度な専門知識・技術及び研究能力を備えた臨床医の育成を目的とします。

 

教育内容等

 医科学の分野における世界に通用する医学研究者を養成するとともに,研究マインドを併せ持った優れた臨床医を養成することが,社会的に強く求められるようになってきている。本課程は,これらの社会からの要請に応えるため,次の3つのコースを設定し,より自由な科目選択が可能な教育課程の編成を基本方針としています。

 

  1. 研究者育成コース
     医学の専門領域で自立して独創的研究活動を行うに足る高度の研究能力,豊かな学識と人間性を備えた教育,研究の指導的役割を担う人材を育成することを目的とし,幅広い概念,専門的知識ならびに方法論を含めた研究遂行能力を修得します。
     
  2. 高度臨床医育成コース
     高度臨床医育成コースは,臨床と研究をバランスよく経験させ,双方の能力を兼ね備えた高度臨床医を育成するもので,認定医,専門医の取得を目的とし,病態生理,診断,治療,予防,手術技法,医療統計など高度な臨床医学の知識,技能,倫理観および臨床研究の遂行能力を修得します。
     
  3. 地域がん専門医育成コース
     地域がん専門医育成コースは,地域のがん医療の均てん化を図るために,地域に多い高齢者がん医療に精通し,地域連携を推進し,地域貢献への志向を有する全人的ながん診療専門医を養成すると共に,研究志向(リサーチマインド)を有し,臨床試験を計画し,山陰地区からエビデンスを発信できる能力を育成します。がん診療の地域貢献の実績を積み,「がん薬物療法専門医(臨床腫瘍学会)」,「がん治療認定医(日本がん治療認定医機構)」,「放射線治療専門医」,「婦人科腫瘍専門医」などのがん専門医資格の取得を目的とし,それぞれの認定基準が求めるがんに関する高度な臨床および研究能力を修得します。
     なお, 本コースは平成24年度文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に採択された,順天堂大学,島根大学,鳥取大学,岩手医科大学,東京理科大学,明治薬科大学,立教大学の七大学共同事業である「ICT (Information and Communication Technology) と人で繋ぐがん医療維新プラン」の地域がん医療に貢献するがん専門医育成コースに該当します。
     
  4. がん医療に携わる専門医師養成のための研修(インテンシブ)コース
     山陰地区でがん治療を実践する医師及びメディカルスタッフが,各自の専門性を高めるために必要な講義を履修するというインテンシブコースを設けています。インテンシブコースでは,山陰地域がん認定医療スタッフの認定を行い,専門分野や取得を目指す認定スタッフに応じて講義を選択することが可能です。インテンシブコースに関しましては下記にご照会ください。
     なお, 本コースは平成24年度文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に採択された,順天堂大学,島根大学,鳥取大学,岩手医科大学,東京理科大学,明治薬科大学,立教大学の七大学共同事業である「ICT (Information and Communication Technology) と人で繋ぐがん医療維新プラン」の地域がん医療に貢献するがん専門医育成コースに該当します。
     
  5. 医理工農関連分野の授業科目の設置について
    最近の医学医療の進歩は著しく,特に材料のみならず理工学の主要技術が医学医療に広く応用されています。このような観点より,本研究科におきましては医療技術・医療機器開発等を行う上で必要な医学に関する知識や,最新医療を支える医療技術・医療用機器に関する原理や基礎知識を修得するために,平成20年度より総合理工学研究科と連携した「医・理工」関連授業科目を開設しました。さらに平成21年度より,本学の特徴的な研究分野である「水」を含む資源循環型社会の構築に関する研究の視点を加えるため,生物資源科学研究科を含む新たな教員の参加を得て,「医理工農」関連授業科目として内容を強化しました。
     

 

看護学専攻博士前期課程(平成28年4月 修士課程から博士前期課程に課程の名称変更)

理念・目的

 本学看護学専攻修士課程は,豊かな人間性と幅広い視野を基盤として科学的な視点から看護学の学識を教授研究し,卓越した看護実践能力と創造的な研究能力を持つ人材の育成を目的とします。

 

教育内容等

 看護学専攻は,高度な実践者・教育者・研究者の育成のいずれにも対応できるよう,看護援助学コース,看護管理学コース,母子看護学コース,成人看護学コース,地域在宅看護学コース,高齢者看護学コース,老人看護CNSコースの7コースを設置し,専門必修科目・専門選択科目・基盤科目の三つの柱で教育課程を構成しています。

 

  1. 看護援助学コース
     ヒューマンケアと看護の質の向上という観点から看護援助に関する理解を深め,あらゆる看護領域の実践の基盤となる対人関係及び看護援助技術に関する理論・技術・教育方法について教育・研究を行います。
     
  2. 看護管理学コース
     社会のヘルス・ニーズに対応して,最良の看護を組織的に提供し,計画・組織化・支持・調整・統制といった諸活動を展開するために必要な看護管理の理論と方法を修得し,看護管理実践における看護管理技術の検証と更なる開発をめざして教育・研究を行います。
    ※このコースを修了して修士号を取得し,かつ,日本看護協会認定看護管理者規則第19条に定める実務経験を有する者は,認定看護管理者認定審査の受験資格を得ることができます。
     
  3. 母子看護学コース
     ライフサイクルと生涯発達の視点に立って,母子関係や家族関係に関連する理論を学び,様々な健康状態にある小児の特性,妊産婦や子どもの健康問題に関する最新の知見や母子保健施策を通して,母子や家族の健全な発達を支援する方策について教育・研究を行います
     
  4.  成人看護学コース
     成人期にある患者と家族を対象とし, 発達的な特徴を踏まえて健康障害や健康レベルの特徴についての理解を深め, 看護の課題を明らかにするとともに, 変化する医療や生活環境に対応した看護援助のあり方や方策について教育・研究を行います。
     
  5.  地域在宅看護学コース
     地域の地理的,文化的,社会的環境と密接に関係する人々の健康的な生活を維持するため,個人や家族及び集団を対象として,保健・医療・福祉・学校保健の効果的・効率的連携を可能にする看護と方策について教育・研究を行います。また,一般住民や在宅療養者の生活の質向上に向けて,専門的看護の実践における教育・研究を行います。
     
  6.  高齢者看護学コース
     加齢による変化や疾病・障害を持つ高齢者の健康上の問題と日常生活との関係をアセスメントし,健康的な老年期の生活を維持できる看護の理論と方法について学び,高齢者や家族へのケアをコーディネートすることのできるマネジメント能力やケア開発のための教育・研究を行います。
     
  7.  老人看護CNSコース
     老人看護分野において,総合的な判断力と組織的な問題解決力を持って活動し,老人看護実践の発展に貢献できる専門看護師(CNS)の育成を目指します。
     

 

看護学専攻博士後期課程

理念・目的

 課程に設置する「超高齢看護学」分野は、様々な健康課題を抱える人々への看護ケアを探究する超高齢看護開発と、これらの成果を人々が享受するための仕組みづくりに資する安全ケアシステム開発とが相互に関連し、バランスよく発展することで、世界に類を見ないわが国の超高齢社会が直面している様々な健康課題の解決に貢献するものです。

 「超高齢看護学」を構築するための高水準で独創的な看護学研究を自立して実施し、看護の質向上に貢献することによって、人々が豊かな人生を享受できる超高齢社会の実現に寄与することのできる教育研究者を養成します。

  

教育内容等

 島根県で初の看護学系博士後期課程として、日本初、世界初の「超高齢看護学」分野に特化した大学院です。

 世界に類を見ない超高齢地域である島根県の健康問題への対応の実践知を基盤として、超高齢社会におけるヘルスケアシステム全体を射程に入れ、高齢者看護学はもとより、慢性看護学、地域看護学、看護管理学をはじめとする全ての看護学専門分野の知を結集し、更には、医学、生物学、薬学、理学、心理学、社会学等の看護学の基盤を支える学問体系と連動し、その知見を、看護現象を推論するために活用しつつ、これまでの看護学の枠組みを発展させて新たな看護学の知を創生して、世界をリードしようとするものです。