総合理工学部の理念・目的,入学者受入方針,教育内容,卒業後の進路

理念

 21世紀の知識基盤社会においては、新たな知の創出と知の活用による更なる科学技術の発展が求められています。総合理工学部は,理学、工学の教育・研究を基盤に,従来の枠組みを超えた分野間の有機的な連携を図り,新たな視点に立った理工融合型の教育・研究を推進します。これにより総合的視野をもった想像力豊かな人材の育成を目指すと共に,新たな科学技術の開拓を通して社会の持続的発展に寄与します。

 

目標

  1. 専門的基礎学力と総合的視野をもった活力ある人材の育成
    ・理工学の専門的基礎教育を展開する中で,基礎力,応用力と共に理工融合的視点(理学的発見あるいは課題を工学的視点から捉え,工学的課題を理学的視点から捉えること)を育て,総合的視野をもった創造力豊かな人材を育成します。
    ・変革する社会の中で自立して活動できる判断力,コミュニケーション能力,国際的視野をもった人材を育成します。
    ・豊かな教養や倫理観をもち,人類社会や地球環境とのかかわりについて総合的に考え判断できる能力をもった人材を育成します。
  2. 特色ある国際的水準の研究の推進
    理工学の先端的・学際的研究,従来の枠組みを超えた連携による理工融合型研究,地域課題に立脚した研究など,特色ある研究を高度に推進し,教育に資します。
  3. 国際交流の推進
    研究成果の世界への発信,国際学術交流,国際共同研究,留学生の受入れ等を積極的に図り,国際的に魅力ある教育研究を推進します。
  4. 地域をはじめとする社会貢献の推進
    社会の中核となる有為な人材を社会に送り出すと共に,研究成果の社会への還元・普及を図ります。特に地域の活性化のために,地域社会との連携に努めます。
  5. 効率的・効果的で透明性のある学部運営の推進
    上記の目的を達成するために,効率的・効果的で活力ある学部運営を目指すと共に,積極的に情報を公開し,透明性のある学部運営を目指します。

  

 本学部は,次に示す5学科からなります。また,大学院は総合理工学研究科博士前期課程(標準修業年限2年,入学定員124名)及び博士後期課程(標準修業年限3年,入学定員12名)として学生を受け入れています。

 

物質科学科 

 本学科は,物理系の理学及び工学分野,化学系の理学及び工学分野から構成されています。それぞれの学問分野での教育・研究が行われると同時に,物理と化学,理学と工学の交流により教育・研究の新たな展開が図られています。

  

入学者受入方針

   自然現象や種々の物質に関心があり,物事を根本的なところから探求・理解することを志向する人,このために特に物理学あるいは化学をより深く学びたい人,物質の仕組みを微視的な立場から明らかにすること,新しい機能をもつ物質を創ったり調べたりすること,またそれらの応用技術に興味のある人を求めています。本学科で開講される科目を履修するためには,高校卒業程度の基礎学力,特に,理科の物理又は化学及び数学について優れた学力を有することが必要です。

 このような方針に基づき,一般入試では物理,化学や数学をはじめとする高校における基礎学力を十分に備えた人を,推薦入試の一般枠では学業と人物が優秀で,物理学又は化学に対する適性があり,物理学,化学又は物質科学に対する熱意のある人を,推薦入試の地域枠では一般枠で求める人材に加え地域貢献を強く志向する人を受け入れます。

 

 

入学後の教育

 教育はコース制で行われます。物理系コースと化学系コース(それぞれ65名程度)からなり, 化学系ではさらに機能材料化学コースと基礎化学コースに分かれます。2年次から各自の適性と希望に応じてそれぞれのコースに分かれます。物理系コースと化学系の機能材料化学コースは,いずれも技術者教育プログラム(JABEE教育プログラム)の認定基準に対応した教育プログラムです。どちらのJABEE教育プログラムも,平成19年度に認定されました。一方,基礎化学コースは,非JABEEの教育プログラムです。
 物理系コースでは, 物理学の基礎を習熟すると共に, 原子・分子レベルから物質の構造を調べたり, 新しい性質を示す物質を創成したりするための理学的・工学的応用能力を持った研究者, 技術者の育成をめざす教育を行います。機能材料化学コースでは, 化学の基礎的及び専門的知識を基に自主的に仕事を立案実行できる,幅広い知識と実践力を修得した国際的に通用する化学技術者の育成を目的とする教育を行います。基礎化学コースでは, 化学の基礎から応用に及ぶバランスの取れた幅広い知識を基に,様々な分野で活躍できる人材の育成を目的とする教育を行います。
 本学科では講義以外に演習・セミナー・実験を重視しており, それらを通して分析能力・論理的思考能力を養います。また, 卒業研究では, 具体的な研究テーマを実践する中で, より深い専門知識と同時に, 自ら課題を発見し, 問題を解決する素養を身に付けます。

 

卒業後の進路

 卒業後は,物理学あるいは化学をベースとして物質科学に関する幅広い専門知識とその展開能力を活かせる職場での活躍が期待できます。特に大学院修了者は,物事の本質の解明・新時代の技術の展開に携わる高度専門職業人あるいは研究者として職を得ることが可能です。具体的には,物理学及び化学の教員,化学関連企業,電気・電子半導体・情報通信機器など広範囲の産業機器・新素材メーカー,官公庁,大学院への進学などへの進路が開かれています。

 

地球資源環境学科

 本学科は,地球物質システム学,環境地質学,自然災害工学の3分野からなり,地質学・地球科学から社会のニーズに即した工学的分野にまたがる広い視野に基づいて,物事を考える能力の修得を学習・教育目標とした技術者教育プログラム(JABEE教育プログラム)を実施しており,国際的に通用する人材の育成を目指して教育・研究する学科です。地球物質システム学分野では地球岩石圏を構成する物質(岩石・鉱物・鉱石)の性質及びその相互作用,循環システム,運動学,また,金属鉱床・石油などの地球資源の濃集過程の解明と利用,環境地質学分野では,地層の形成に関する問題,地球環境と生物の変遷,現在起こっている環境変化の地球史的把握と予測,自然環境の計測・評価・保全技術,自然災害工学分野では地盤・岩盤の諸性質の理解,地下水流動,地盤災害や火山災害などの自然災害発生メカニズムの解明と予測,防災工法など,についての教育・研究を行います。

 

入学者受入方針

   地球の生い立ちや岩石・鉱物・化石に興味があり,鉱床・石油等の資源の形成過程と利用,過去から現在の地球環境の移り変わり,自然災害発生のメカニズムと防災手法などについて学び,これらの知識と経験を将来社会で役立てたいという意欲のある学生を求めています。地球資源環境学科に入学し,学んでいくためには,高校卒業水準の基礎学力を備え,地球資源環境学に対する熱意があることが必要です。さらに,理科や数学にも優れ,論述力があること,もしくは地学的センスに優れていることが必要となります。

 このような方針に基づき,入学試験では高校卒業水準の基礎学力を有するかどうかとともに,一般入試では理科や数学に関して優れた学力を有する人を,推薦入試の一般枠では人物が優秀で論述力を有し,地球資源環境学に対する熱意と適性のある人を,推薦入試の地域枠では一般枠で求める人材に加え地域貢献を強く志向する人を,アドミッション・オフィス(AO)入試では,人物が優秀で地学的センスを有し,地球資源環境学に対する熱意がある人を受け入れます。

 

 

入学後の教育

 本学科では,充実した最新の研究設備を駆使して教育・研究を行っています。また,国内・海外の地質見学をはじめ,実験・実習(野外実習を含む)を重視したカリキュラムを組んでいます。卒業論文研究を通じて,科学的観察力,思考力,判断力をもった,自主的・創造的な人材を育成します。

 

卒業後の進路

 地質・建設・土木・環境コンサルタント企業,金属・非金属・セラミックスなど資源・エネルギー関連企業,国・地方公務員,博物館学芸員,教員,また大学院への進学などの道が開けており,これまでに多数の卒業生が社会で活躍しています。

 

数理・情報システム学科

 本学科は,数理構造コースと数理解析コースの数理系の2コース,及び情報システムコースと情報工学コースの情報系の2コースから構成されています。数理科学と情報科学・情報工学の有機的関連性や共通性を教育の基盤として,今日の両学問の体系と特色を教育・研究しています。幅広い知識と視野,豊かな着想,柔軟な思考力,適切な判断力を持ち合わせた国際性豊かな専門技術者や教育を含む諸分野で指導的役割を果たせる人材を育成します。特に,両系の特色・独自性に基づいて,数理系では構造論的抽象数学や諸現象の数理科学的解析のための現代数学を,情報系では物(ハードウェア・ソフトウェア)作りとこれを支える種々の体系的方法を教育・研究しています。

 

入学者受入方針 

    数学や情報工学の学問・技術を生かして,自然や社会のさまざまな現象を探求し,より良い社会を創りたいと思っている学生,これからの高度情報化社会をリードする技術者として活躍したいと考えている学生,それに,将来は数学や情報の先生になりたい学生を求めています。数理・情報システム学科に入学し学んでいくには,高校卒業水準の基礎学力を備えた上で,論理的な思考体系の構造や数理的方法による現象の解析,ソフトウェア・ハードウェアの垣根を越えて「ものづくり」を支える情報技術やその理論背景に興味と熱意を持つことが必要です。

 このような方針に基づき,一般入試では数学をはじめとする高等学校卒業相当の基礎学力を十分に備えた方を,推薦入試の一般枠では学業が優秀で,数学又は情報科学に熱意・適性のある人を,推薦入試の地域枠では一般枠で求める人材に加え地域貢献を強く志向する人を受け入れます。

 

 

入学後の教育

 数学と情報科学について幅広く,又は集中して学びます。数学と情報の両系の特徴を活かし,論理的な思考能力や問題の発見・分析・解決能力,柔軟な発想力を養う教育を行います。

 

卒業後の進路

 ソフトウェア関連企業を含む情報通信系企業や,幅広く,製造・流通・金融・保険・教育関連などの企業,数学及び情報の教員,公務員,又は大学院への進学などの進路が開かれています。

 

機械・電気電子工学科

 本学科は,機械工学,電気工学及び電子工学の3分野からなり,それらの分野にまたがる広い視野と知識の修得を学習・教育目標とし,国際的に通用する技術者の育成を目指しています。
 「機械工学分野」では,機械システムの高機能化・高性能化を図るため,制御システムとメカトロニクスシステムの設計開発,機械要素及び機械システム設計,機械の振動解析,工業材料の最適設計,「電気工学分野」では,コンピュータを用いた知的計測,電磁波によるリモートセンシング,ヒューマンインタフェース計測,ディジタルホログラフィなどの計測の基礎から応用,電力の発生,伝送,変換などに関する電気エネルギー制御システム,情報・放送・光通信システムとそれらの基礎となる回路とシステム,「電子工学分野」では,各種半導体の結晶成長,結晶の電気的・光学的性質や構造の解明,電子・光デバイスへの応用,及び集積回路ナノデバイスに関する教育・研究を行います。
 詳細については,学科ホームページhttp://www.ecs.shimane-u.ac.jp/をご覧ください。

 

入学者受入方針

   本学科では,教育目標として「機械から電気・電子工学に至る幅広い基礎知識を持ち,課題解決能力や自律的学習能力,説明・説得力を備え,設計・製作能力を有し,高い倫理観をもって社会に貢献できる技術者を養成する」ことを掲げています。そのため,これらの教育目標が達成できるような機械,電気・電子工学の各分野に対する探究心が旺盛で学修に熱意のある人を求めています。

 このような方針に基づき,一般入試では機械,電気・電子工学に関する専門分野を修得するために必要な基礎学力を十分に備えた人を,推薦入試の一般枠では学業と人物が優秀で,数学と物理の基礎的な知識と思考力を有し,機械,電気・電子工学分野に対する適性をもつ人を,推薦入試の地域枠では一般枠で求める人材に加え地域貢献を強く志向する人を受け入れます。

  

入学後の教育

 本学科では,3分野間の強い連携のもとに,2年次において講座共通の核心的基礎科目をコア科目として教育を行っています。3年次からは,Aコース(制御,力学,機械計測),Bコース(エネルギー,情報通信,電子計測)及びCコース(電子デバイス・材料・物性)の3つの教育コースから一つを選択するカリキュラム構成で,専門性を高める教育を行っています。また,2年生から3年生まで系統的に配置された学生実験を通して,専門分野の応用力や表現力を学びます。さらに,4年生の卒業研究では指導教員による個別指導を通して実践的能力や創造力を身につけます。

 

卒業後の進路

 卒業後は,自動車,精密機械,重電機,電力,OA機器,家電,AV機器,コンピュータ及び情報処理関連の企業や国家・地方公務員など多方面への就職が可能です。さらに大学院へ進学し,より深い専門知識の修得と高度な最先端の研究を目指すこともできます。

 

建築・生産設計工学科

 本学科では,木材,金属,プラスチックス,コンクリートを始めとする各種材料と人間の生活との関わりを追求することにより,特に人間に対して建築を基とする快適な住環境を形成するための各種材料の開発を行い,また地球の環境に優しいエコマテリアルを目的とした材料変換技術の確立,さらに低質原料や現在廃棄されている原材料の有効利用を図るための再資源化・再利用化のための機械加工技術を追求しています。本学科で行っている研究・教育は,大きく分けると材料工学,建築学,機械工学を総合化した内容になっています。学科の構成は材料工学と機械加工システム学の2大講座に分けられ,材料工学講座では,都市計画から建築設計,耐震構造まで幅広い建築を学んだり,木質材料を中心とした材料の基礎的な性質を追求し,高度利用技術に結び付ける研究・教育を行っています。機械加工システム学講座では,材料や製品の効率的な加工・生産から,再利用,廃棄に至るまでのプロセス技術を追求しています。
 学生の教育は,材料工学コース,機械加工システム学コースの二つからなり,いずれのコースも,上記講座に対応しています。修得単位の内容に応じて,建築士の受験資格も得られるようにしています。

 

入学者受入方針

   環境にやさしく,安全で,快適な暮らしを実現するために,資源の有効利用と環境保全に配慮した材料開発,加工技術,資源循環について深く学び,建築を中心とした構造材料や住環境,計画デザインの専門性を高めることによりトータルな「設計」技術を習得し,これからの循環型社会に貢献する意欲を持つ人を求めます。

 このような方針に基づき,一般入試では,自然科学(数学,物理,化学,生物)等の基礎学力を備えた人を,推薦入試の一般枠では,学業成績(理数系)及び人物が優秀で,上記分野に対して熱意をもって取り組める人を,推薦入試の地域枠では一般枠で求める人材に加え地域貢献を強く志向する人を受け入れます。

 

入学後の教育

 健康で快適な生活と,資源循環型社会の実現のために,「どのような材料をつくるか,どこにどのような材料を使うか」という材料設計,「どのようにしてものを生産するか,どのようにして資源の循環や最終処分を行うか」というプロセス設計,「建築空間をつくる,機械製品をつくる」という製品設計,この三つの課題の全般に対応できる,広い知識と独創性を兼ね備えた人材の育成を目指した教育を行います。

 

卒業後の進路

 他大学の建築学科と同様な就職先と,木質系材料,金属材料,高分子材料を主体とした材料及び材料加工メーカー,機械・電子機器メーカー,さらに,資源再生に関する環境関係の企業や,官公庁,公共団体。

 

理工特別コース

 文部科学省が理数分野に優れた意欲・能力を持つ学生をさらに伸ばすための取り組みとして公募した平成22年度「理数学生応援プロジェクト」に,本学のプロジェクト「アクティブ・ラーニングを基調とした理工大好き学生の応援プログラム-「理工特別コース」の設置-」が採択されました。それを受けて,総合理工学部では,将来の科学技術の発展をリードする優秀な研究者・技術者・教育者を養成することを目的として,総合理工学部共通の教育コースである「理工特別コース」を設置しました。

 理工特別コースが求める学生像は次のとおりです。

  1. 理工系分野に強い興味・意欲を有する学生
  2. 数学,理科,英語の基礎学力を有する学生
  3. 観察力,理解力,推察力,発想力などの科学的思考力や論理的思考力を有する学生
  4. 大学院へ進学し,将来の科学技術の発展をリードする優秀な研究者・技術者,有能な教育者を目指している学生

 理工特別コースの学生を選抜する方法には,各学科への入学者からの選抜とAO入試による選抜の2通りがあります。入学者からの選抜は,各学科の入学者で理工特別コースへの所属を希望する学生を対象として行い,入学後の成績,面接結果等を基に選抜します。AO入試による選抜は,出願書類(志望理由書,調査書等),及び小論文試験,面接,大学入試センター試験の成績を基に行います。

 

入学者受入方針

   理工系分野の研究に強い興味・意欲を有する人,数学・理科・英語の基礎学力を有する人,観察力・理解力・推察力・発想力などの科学的思考力や論理的思考力を有する人,大学院へ進学し,将来の科学技術の発展をリードする優秀な研究者・技術者,有能な教育者を目指している人を求めています。

 このような方針に基づき,アドミッション・オフィス(AO)入試では,研究したい具体的テーマがあり,その研究遂行に強い意欲を持っていて,数学・理科・英語の確かな基礎学力を有する人を受け入れます。AO入試以外にも,入学後に希望者を対象に選考を行い,成績が優秀で,研究への強い意欲を持つ人を受け入れます

 

入学後の教育

   このコースに配属された学生には,1~2年次のアクティブ・ラーニングセミナーと3年次の早期研究室配属を通して,継続的に理工系分野の研究への興味・意欲,及び国際的視野を育む教育を行います。