学部の教育研究上の目的

法文学部
 21世紀を迎え,社会の急速なグローバル化・情報化・高度化が進展し,国際関係・政治・経済社会・文化の再編が進むと共に,近代的価値観や「知」が問い直されています。

一方,本学が立地する山陰地方は,早くから大陸との交流が進み,古代出雲文化が発展するなど,古くからの歴史と伝統的文化を有し,豊かな自然環境に恵まれています。しかし,他方では,過疎,中山間地,社会の高齢化などの諸問題が山積しています。
 本学部は,人文科学,社会科学を網羅した山陰地方唯一の文科系総合学部として,こうした地域的特性を踏まえ,現代社会や地域社会が抱える諸課題に対応した先端的研究及び学際的総合的研究を推進します。同時に,現代社会や地域社会が抱えるさまざまな問題を解決することのできる広い教養と基礎的専門知識を身につけ,創造的・実践的能力を有する人材を広く育成すると共に,地域社会との連携を深め,地域のシンクタンク,文化の中心として地域社会に貢献します。

  1. 先端的研究及び学際的総合的研究の推進
     高度な研究の推進は,地方の国立大学法人としての重要な研究・教育機能を果たすうえでも,地域の文化の中心としての機能を果たすうえでも不可欠です。
     本学部では,各分野における理論的体系的な研究に基づいた先端的研究を追求すると共に,文科系総合学部としてのメリットを活かしてプロジェクト研究を組織するなど,学際的総合的研究を推進します。

     

  2. 創造的・実践的能力を有する人材の育成
     高い倫理観と豊かな教養を身につけると共に,基礎的専門知識を有し,現代社会や地域が抱えるさまざまな問題を探求し,解決することのできる創造的・実践的能力を有する人材,地域社会の中核を担いうる人材を育成します。こうした目的を達成するために,各専門分野に応じたフィールド・ワークを含む体系的実践的教育を推進すると共に,小規模な地方の国立大学法人としての特性を活かして少人数教育と個別指導を強化するなど,きめ細やかな教育を推進します。

     

  3. 地域社会との連携の強化
     地域社会との連携を深めて地域社会の要請に積極的に応えます。そのためにも,山陰研究センターを中心に地域社会が抱える諸課題を学際的総合的に研究し,その成果を地域社会に還元します。あわせて,公開授業や公開講座などを通じて生涯学習の推進にも貢献します。

     

  4. 国際的に開かれた学部
     国際化が急速に進展する今日,学術・教育の国際協力は欠かせません。特に東アジアにおける国際関係は,今後一層緊密化すると考えられます。こうした状況に対応するために,留学生の受け入れと派遣,学術交流を一層積極的に推進します。

     

教育学部
 本学部が目的とするのは,今日の学校教育をめぐる複雑で多様な状況に対して適切かつ柔軟に対応できる高度で幅広い教育実践力を備え,世界的視野に立って地域社会に貢献できる教員の養成です。
 そのため,「21世紀の教育改革と学校教育が求める教育的課題を積極的に担う学部」,「変革の時代に対応した新たな教師教育を実現する学部」を理念に掲げ,以下の4点を具体的な目標として設定しています。

  1. 自ら学ぶ意欲と考える力を持った教師の育成
  2. 教えることのプロとして身につけるべき実践への意欲と,確かな技術力を有する教師の育成
  3. 子どもに対する深い愛情と,理解力に富む教師の育成
  4. 自立し,成熟した社会人としての教師の育成

 

このような,教職への限りない情熱と,さまざまな教育的課題に対応できる優れた教育実践力の総体を本学部では「教師力」と呼び,その育成を教師教育プログラムの柱としています。
 なお,本学部は,平成16年度から,全国的な教員養成学部の再編・統合の先駆けとして,鳥取大学との協議に基づき,学校教員養成に特化した専門学部に生まれ変わりました。したがって,島根大学教育学部は,山陰地域の大学の中で学校教員を育てることを目的とする唯一の学部となっています。


医学部
基本理念

  医学部は,教育基本法の精神及び学校教育法第83条の趣旨に則り,国際的視野に立った豊かな教養と高い倫理観を備え,かつ,科学的探求心に富む人材の養成と医学及び看護学の向上を目的として教育研究及び医療を行うと共に,その成果をもって社会の発展に寄与し,人類の福祉に貢献することを基本理念としています。


教育目標

 医学部の教育目標は,生命の尊厳と患者の権利・人格の尊重を教育の柱とし,広い教養と高い倫理観を身につけ,科学的な探求心と総合的な判断力を養い,時代の要請に応じて地域に貢献する医師・看護師を養成することを目指しています。

 

総合理工学部
理念

 21世紀の知識基盤社会においては,新たな知の創出と知の活用による更なる科学技術の発展が求められています。総合理工学部は,理学,工学の教育・研究を基盤に,従来の枠組みを超えた分野間の有機的な連携を図り,新たな視点に立った理工融合型の教育・研究を推進します。これにより総合的視野をもった創造力豊かな人材の育成を目指すと共に,新たな科学技術の開拓を通して社会の持続的発展に寄与します。


目標

  1. 専門的基礎学力と総合的視野をもった活力ある人材の育成
     ・ 理工学の専門的基礎教育を展開する中で,基礎力,応用力と共に理工融合的視点(理学的発見あるいは課題を工学的視点から捉え,工学的課題を理学的視点から捉えること)を育て,総合的視野をもった創造力豊かな人材を育成します。
     ・ 変革する社会の中で自立して活動できる判断力,コミュニケーション能力,国際的視野をもった人材を育成します。
     ・ 豊かな教養や倫理観をもち,人類社会や地球環境とのかかわりについて総合的に考え判断できる能力をもった人材を育成します。

     

  2. 特色ある国際的水準の研究の推進
     理工学の先端的・学際的研究,従来の枠組みを超えた連携による理工融合型研究,地域課題に立脚した研究など,特色ある研究を高度に推進し,教育に資します。

     

  3. 国際交流の推進
     研究成果の世界への発信,国際学術交流,国際共同研究,留学生の受入れ等を積極的に図り,国際的に魅力ある教育研究を推進します。

     

  4. 地域をはじめとする社会貢献の推進
     社会の中核となる有為な人材を社会に送り出すと共に,研究成果の社会への還元・普及を図ります。特に地域の活性化のために,地域社会との連携に努めます。

     

  5. 効率的・効果的で透明性のある学部運営の推進
     上記の目的を達成するために,効率的・効果的で活力ある学部運営を目指すと共に,積極的に情報を公開し,透明性のある学部運営を目指します。

     

 

■生物資源科学部
 1995年,生物資源科学部は,全国の国立大学には類を見ない「生物,生態,生命,生産,生活を包含するライフを総合的に科学する学部」として創設されました。以来,人間社会と広範で多様な関係を有する生物・生命を,広い意味での資源として捉え,生命現象の基本原理から,生物資源の育成,利用,開発,保全とそれを育む環境など広範囲にわたる教育研究を行ってきました。それから17年あまり経過した2012年,生物資源と地域資源の活用・創造・循環・管理の実現をより明確にした「農林生産学科」と「地域環境科学科」を新設し,既存の「生物科学科」と「生命工学科」との連携を強める教育・研究を行うことにより,新世紀の社会的要請に応える人材を育成していくことにしました。これまでと同じような自然を克服するという姿勢では,もはや抜本的な解決策を見出すことは出来ません。自然と調和し,生物多様性にも配慮しながら多くの生物と共に生きるという基本認識に立って解決策を考えることが強く求められています。そのために,生物資源科学部に入学された皆さんは,学問の基礎から応用に渡る広い範囲で研鑽し,様々な問題を自主的に解決できる能力と想像力,空想力また創造力を身につけましょう。