支援学生の感謝の声

 

kameoka .jpg 

 

生物資源科学部
亀岡 峰志さん (平成28年度支援受給者)

 今回、皆様の寄附のおかげで海外にて大変貴重な体験をすることができました。現地ではたくさんの人々と出会い、英語でコミュニケーションをとり、また、授業や遊びを通じて、英語を必死に聞いたり話したりしながら、英語の力を少しずつ身に付けました。1か月の研修の中で得たものや学んだもの、あるいは感じたことや考えたことが多く、自分の将来に間違いなく影響を与えたであろう月日を過ごしました。
 国境を越えて、様々な人と出会い、話をすることで、広い視野で物事を考えられる力を身に付けて、自分自身のスキルアップに磨きをかけていきたいと思います。ご支援をいただき本当にありがとうございました。
※2016年カナダ(ウォータールー大学)夏期研修参加者

 

松本.jpg

生物資源科学研究科 
松本 早代さん (平成28年度支援受給者)

 私は進学を控えている兄弟が4人いるということから、親の援助が経済的に厳しくなる状況にあり、大学院に進学するつもりはありませんでした。しかしながら、実験のテーマについて調べていくうちに、引き続き実験を行いたいと思うようになりました。奨学金を貸与していただき、大学院に進学し、実験を進めることができたのですが、学会に参加するためには多額の費用が必要でした。特に参加したい学会があったのですが、遠隔地ということで、半ばあきらめていました。そのとき、大学より学会発表に対する奨学金を支給していただき、学会に参加させていただくことができました。この感謝を忘れずに、今後も勉学に励んでいきたいと思います。

 

添田.jpg 

 

総合理工学研究科
添田 圭佑さん (平成28年度支援受給者)

 島根大学支援基金の奨学金を受けることができ、大変充実した研究活動を送ることができました。本奨学金で参加した学会は日本国内でも有数の規模を誇る学会です。その学会で発表することができ、他大学の著名な先生や企業の方と研究成果について有意義な議論をするという貴重な経験ができました。また、他大学で研究している同世代の学生の講演を聞く機会もあり、お互いに新たな刺激が得られました。いずれも今後の研究活動に重要な経験であり、研究に対するモチベーションの向上へとつながりました。 
 今回の経験を基点として、皆様のお役に立てるような研究成果を挙げていきたいと思います。ご支援をいただきましたことを、心より感謝しております。

 

 

demizu.jpg 

 

総合理工学部
出水 隆太さん (平成28年度支援受給者)

 私は2年後期の2月から3月にかけて、アメリカ・ミシガン州での春期海外研修に、さらに3年前期の8月から9月にかけて、アメリカ・ヴァージニア州での夏期海外研修に参加しました。この2回の研修に参加できたのは、みなさんのあたたかいご支援があったからです。「海外」という自分が今まで知らなかった世界で自分自身と向き合い、現地の良さはもちろん、日本の良さも再発見することができました。そして、もっと世界を知りたくなりました。
 これらの研修で得られた「つながり」を大切にしながら、今後の学生生活を有意義なものにしていきます。本当にありがとうございました。
※2015年アメリカ(ミシガン州立大学)春期研修参加者
※2016年アメリカ(ヴァージニアコモンウェルス大学)夏期研修参加者

   

留学生.jpg 生物資源研究科
RATTRIKORN GANPHUNGさん(タイ) (平成28年度支援受給者)
 私は、私費外国人留学生で、経済的な余裕がない状態でした。しかし、島根大学では、大学院生が学会で発表するサポートをしていただけるので、自分の成果を海外で発表することができました。また、発表ではベストポスター賞を受賞することができ、大学からは学生表彰をしていただきました。これをきっかけに奨学金を貰うことができ、今は研究に集中することができています。とても感謝しています。ありがとうございました。これからもっと勉強して、タイと日本の架け橋になれるようにがんばりたいです。

 

松浦.jpg  総合理工学研究科
松浦 貴寛さん (平成28年度支援受給者)

 今回、基金による奨学金を受給したことで、学会発表に参加することができました。学会発表では、専門の方々に様々な視点からアドバイスを頂けたため、今後の研究につながる良い機会となりました。学会発表を通じて、研究に取り組む意欲が一段と増したと感じています。また、多くの方々の前で発表する機会というのは貴重な経験であり、今後必ず活きてくると思います。このような経験をこれからの学生生活や社会に出た際に活かしていきたいと考えています。
 今回の経験を通じて、多くの方々に支えていただいていることに改めて感謝し、社会に貢献できる人間になりたいと思います。本当にありがとうございました。

 

 

お問い合わせ先
国立大学法人島根大学 総務部総務課支援基金担当
電話 0852-32-6015  Fax 0852-32-6019 E-Mail sienkk@office.shimane-u.ac.jp