島根大学 環境方針

 


島根大学憲章に基づき,全ての教職員および学生等の協働と,最適なワークライフバランスのもと自然と共生する持続可能な社会の発展をめざして,以下の活動を積極的に推進します。

  1. 環境改善に資する豊かな人間性,能力を身につけ,世界全体を視野に入れた環境改善を学び行動する人材を育成します。

  2. 研究成果による環境改善,その普及により,大学内の環境のみならず,市民とも協働して地域環境および地球環境の改善に努めます。

  3. 環境と人が調和するキャンパスマスタープラン作成により,知と文化の拠点にふさわしい教育・研究およびキャンパスライフに快適な学内環境を構築します。

  4. 省資源,省エネルギー,リサイクル推進,グリーン購入および化学物質の適正管理により,汚染の予防と継続的な環境改善を行って,環境関連の法令順守を徹底し,環境に配慮した教育,研究,医療に努めます。

 

 

 QR通常ページ

2015年4月1日 (第5版)

 

島根大学長 

 ※携帯電話でQRコードを読み取り,
「お気に入り」に登録願います。

 

 

[印刷用はこちら]



Shimane University Environmental Policy


According to the charter of Shimane University, based on cooperative consultation with faculty members and students, we actively promote the following activities towards the pursuit of an ideal work-life balance, and, ultimately, towards the development of a sustainable society in co-existence with nature:


  1. Cultivation of capable personnel who can, while maintaining a global perspective, learn to stimulate action for environmental improvement.  

  2. Commitment to the amelioration of local and global environments in collaboration with local citizens, following dissemination of research outcomes.

  3. Construction of a comfortable campus environment, which serves as the hub of knowledge and culture, following the drawing-up of a Campus Master Plan that the environment and a campus life harmonize.

  4. Commitment to education, research, and medical practice considerate of the environment, with adherence to legal compliance, by carrying out consistent environmental reform and contamination prevention through resource and energy saving, recycling, green purchasing, and proper management of chemical substances.



 

 

[It’s this for print of English.]