国立大学法人等情報化発表会にてITリテラシー研修の取組状況を発表

 各国立大学法人等の情報化推進事例を報告する国立大学法人等情報化発表会(20121025日(木)~26日(金),九州大学で開催)において,「大学職員のITリテラシーUPに向けた取組」の標題で,本学で行っているITリテラシー研修の取組状況を,情報系職員のスキルアップの視点から,本学情報企画課の大崎氏が発表しました。

 ITリテラシー研修は,本学で実施されるさまざまな研修を,それぞれ「目的」・「分類」・「運用」の3点から定義付けを行い,様々な立場の職員の状況に応じた研修と,それらの研修が体系的に受講できるように整備し,全体のスキルアップを図ることを意図したもので,現在までに行ってきたことを発表しました。

 当日は全国の国立大学等から約300名の教職員の参加があり,発表後は活発な質問が寄せられ,取組への関心の深さが伺えました。また発表終了後の情報交換会においても多くの大学から意見や質問が寄せられ,「なかなか伺うことの少ない取組で面白かった」,「研修の開催方法を工夫していて参考にしたい」などの感想が寄せられました。

 

国立大学法人等情報化発表会

 

 

お問い合わせ

企画広報情報課