地域志向教育の充実に向けた基本方針

第3期中期目標・中期計画期間中の

地域志向教育の充実に向けた基本方針

 島根大学は、地域に根ざした大学として、地域創生の中核となって貢献す る人材を育成するため、以下の4つの施策に則り、地域志向教育を推進する。

  1. 山陰地域に根ざした多様な地域志向教育を拡充させるとともに、学士課程に 地域志向教育を組み入れて段階的・計画的な学修を学生に促す
  2. 地域課題の解決能力育成を目的とした教育を地域と協働しながらおこなう
  3. 全学生が地域志向教育を受講し、さらに学修意欲を発展させることが可能な 教育の実施体制を構築する
  4. 地域志向教育を点検・改善し、教育の質保証を図る

 本学のビジョンをふまえ、地域創生の中核となって貢献する人材育成を達 成するために必要な教育を、本学における地域志向教育として定義した。また、 その教育方法としては、地域社会との連携を通じて課題解決能力の向上を図る実 践型教育を特に重視している。
 本方針は、このような全学的な人材育 成のビジョンに則り、本学の地域志向教育を一層充実させるため、今後重点的に 取り組むべき方向性を提示したものである。