次世代育成支援事業主行動計画

島根大学では,教職員の仕事と生活の両立を推進するとともに,働きやすい環境の整備を目指し,
教職員がそれぞれの能力を十分発揮できるよう,次の行動計画を策定する。

1 計画期間  平成30年4月1日から平成34年3月31日までの4年間
 

2 内容
目標1  仕事と生活の両立支援関連制度を周知し,利用しやすい環境を整備する。
【対策】(平成30年4月~)
●ホームページ,ニューズレター等を通じて,子どもの出生時における男性教職員の育児のための休暇及び育児休業等について周知・啓発を行い,積極的な利用を促す。
●期間中の年度毎に,両立支援関連制度に関する利用状況を調査し,定期的に公表することにより意識向上を図るとともに,さらに利用しやすい環境となるよう整備を行う。

  

目標2  時間外労働の縮減を図る。
【対策】(平成30年4月~)
●期間中の年度毎に,時間外労働時間数を定期的に取りまとめ,実態を把握するとともに,公表することにより意識向上を図る。
●時間外労働縮減の重要性について,会議等を通じて管理者及び職員に対し啓発を行う。
●原則として週2回定時退勤日を設け,定時退勤の徹底に努める。
 

目標3  年次有給休暇の取得を促進する。
【対策】(平成30年4月~)
●期間中の年度毎に,年次有給休暇の取得状況について調査を行い,実態を把握するとともに,公表することにより意識向上を図る。
●ゴールデンウィーク,夏季休暇,年末年始などと組み合わせた休暇の取得を促進するなど,休暇を取得しやすい環境づくりに努め,取得の促進をはかる。

 

 

 

次世代育成支援情報はこちらから