休学,転学部等の手続き(松江キャンパス)

icon休 学

休学とは,疾病その他特別の理由により,許可を得て一定の期間授業を受けない状態をいいます。本学では,疾病その他特別の理由で2カ月以上にわたり授業を受けることができないときは,本人の願い出に基づき休学を許可しますので,このような事態になった場合は,速やかに願い出てください。

休学期間が満了になっても引き続いて休学する必要がある場合は,さらに1年以内の延長が可能ですので,許可されている休学期間が終わるまでに休学の延長を願い出てください。

1回の休学の許可期間は1年以内となっており,合算して3年を超えることはできません。また,休学期間は在学年数に算入されません。手続きは,あらかじめ,指導教員又は学科長(又は研究室(教室)主任)に相談し,確認を得たうえで,休学願に休学の理由を証明する書類(病気の場合は診断書)を添えて学務課の担当窓口に願い出てください。手続きを行う時期によっては,履修上の問題や授業料との関係で不利な扱いを受けることがありますので,できるだけ早く手続きを行ってください。なお,休学の場合,授業料の取扱いについては,学務課にお問い合わせください。

 

icon退 学

退学とは,課程を修めて卒業に至らないうちに学生の身分を失うことです。

病気,経済的事情その他の理由で学業の継続が困難となり,退学しなければならない場合は,願い出なければなりません。

退学を願い出るときは,あらかじめ指導教官又は学科長等に相談し,「退学願」を学務課に提出してください。この場合,退学の理由が病気のときは,診断書を添付してください。

なお,授業料が納入されていないと,退学の許可ができません。

 

icon転学部・転学科等

他の学部への転学部を希望する場合には,選考のうえ転学部が許可されることがあります。また,他の学科(課程)・コース等への転学科(課程)・転コース等についても許可されることがあります。なお,転学部等を希望するときは,学務課に相談してください。

転学部の場合は,「転学部希望願」を11月末日までに提出する必要があります。また,転学科等については,各学部等において希望願の提出時期等の取扱いが異なりますので,早めに相談してください。