平成31年度島根大学大学院教育学研究科一般入試における出題ミスについて

2018年9月14日

 

      平成31年度島根大学大学院教育学研究科一般入試における出題ミスについて

                             

 このたび,平成30年9月13日(木)に実施しました島根大学大学院教育学研究科入試(臨床心理専攻・Ι期)一般入試の「外国語」の試験問題におきまして,試験終了後に出題ミスがあることが判明しました。
 受験生をはじめ関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げますとともに,試験問題の確認体制をさらに強化し,再発防止に努めてまいります。

 

 1 選抜区分の概要
  (1) 選抜区分  一般入試
  (2) 試験期日  平成30年9月13日(木)
  (3) 試験時間  9時00分~10時00分
  (4) 試験科目  外国語
  (5) 受験者数  13名

 

 2 出題ミスの内容
 問題の英文中(19行目)において,「irrelevant」とすべきところを「irrevant」としていた。
  正: ~ or talks about irrelevant things),~
  誤:  ~ or talks about irrevant things),~

 

 3 受験生に対する対応
 問5の二つの設問のうち,出題ミス(スペルミス)のあった単語が解答にかかわる一つの設問について,受験者全員を正解とします。
 なお,他の問いについては,解答への影響は及ばないと判断し,特段の対応はとらないこととします。

  
   
                                                           【本件に関する問合せ先】
                                               島根大学教育・学生支援部入試企画課
                                               TEL 0852-32-6050,6073