(提出期限に関する更新あり)島根大学学術研究院環境システム科学系教員公募情報(建築構造分野)

 

1.職名及び人数 : 助教 1名

2.主な担当教育組織 : 総合理工学部建築デザイン学科,自然科学研究科環境システム科学専攻建築デザイン学コース

3.担当分野 : 建築構造分野

4.担当予定科目 :
(1) 総合理工学部:「建築構造実験,建築構造力学I・II,建築材料学,建築構造・環境フィールドワーク」の中から2科目程度,建築デザイン概論等のオムニバス科目,セミナー,卒業研究の指導等
(2) 自然科学研究科(博士前期課程):建築構造・住環境演習(分担)等

5.着任時期 : 平成31年3月1日以降できるだけ早い時期(平成31年3月31日以前の着任とする。)

6.使用者 : 国立大学法人島根大学

7.試用期間 : 採用の日から6月

8.待 遇 :
(1) 勤務時間 裁量労働制を適用
(2) 休 日  土曜日及び日曜日,国民の祝日,12月29日から1月3日までの日
(3) 休 暇  年次有給休暇,病気休暇,特別休暇
(4) 給 与  年俸制
  国立大学法人島根大学年俸制適用職員給与規程に基づき決定,各種諸手当の支給あり
  (退職時の退職手当は支給しない。年俸額に退職手当を含めて支給)
(5) その他      国家公務員共済組合法及び雇用保険法を適用
       所定勤務時間外勤務 業務上必要がある場合には命ずることがある
       育児休業制度 有
       介護休暇制度 有

9.応募資格 :
(1) 関連する専門分野の博士の学位を有するか又は取得見込みで,建築構造分野の経験に応じた十分な研究業績または実務実績があること。
(2) 建築構造材料(木材,コンクリート等),木構造,鉄筋コンクリート構造などの専門分野が望ましいが,その他の建築構造分野(鋼構造,建築振動,構造解析など)の方も応募資格がある。
(3) 地域に根ざした建築教育やプロジェクトの参画に意欲のある方。

10.応募書類 :
(1) 履歴書(顔写真を貼付のこと)
(2) 個人調書(本学系所定の様式) [Word]
(3) 教育研究業績書(本学系所定の様式)  [Word]
     (2)、(3)の記入方法 [PDF]
(4) 主要学術論文(査読有)2編の別刷り各1部(コピー可)とその要約(各500字以内)
(5) 科学研究費補助金,研究助成金の取得実績(代表者か分担者かを明記),共同研究実績
(6) これまでの研究もしくは実務概要と着任後の研究計画(合わせて1,000字程度)
(7) 着任後の研究・教育についての抱負(1,000字以内)
(8) 応募者の連絡先(住所,電話番号,メールアドレス)
(9) 応募者に関する意見を伺える方2名の所属,氏名,連絡先等
  ・原則として応募書類は返却しませんのでご了承ください。

11.提出期限 : 平成30年11月30日(金)必着

12.提出先 : 〒690-8504 松江市西川津町1060
                  島根大学学術研究院環境システム科学系長 井藤 和人
                (封筒に「建築構造分野教員公募書類」と朱書きの上,簡易書留で郵送のこと)

13.問合先 : 〒690-8504 松江市西川津町1060
                  島根大学総合理工学部建築デザイン学科長 澤田 樹一郎
                (e-mail: kich@riko.shimane-u.ac.jp  Tel: 0852-32-6560)

14.選考方法 :
(1) 第1次審査:書類選考
(2) 第2次審査:模擬授業・研究プレゼンテーション・面接
(第1次審査通過者に対して実施日時等をお知らせします。来学のための経費は自己負担となります。)

15.選考結果の通知 : 応募者にお知らせします

16.その他 :
 本選考は,島根大学男女共同参画基本理念・基本方針に基づいて行われます。理念・方針については,本学ホームページhttps://www.shimane-u.ac.jp/の「大学紹介」→「理念・憲章」→「快適な学内環境の構築」→「男女共同参画推進」に掲載されております。
 (http://gender.shimane-u.ac.jp/
 本学は,「男女共同参画社会基本法」の趣旨に則り男女共同参画を推進し,女性の応募者で適任の方がいる場合にはその方を優先します。また,今後の国際化を加速させるため,適任者がいる場合には外国人を優先的に採用します。