島根大学学術研究院環境システム科学系教員公募情報(環境動態学)

 

1.職名及び人数 : 助教 1名

2.主な担当教育組織 : 生物資源科学部環境共生科学科,自然科学研究科環境システム科学専攻環境共生科学コース

3.担当分野 : 環境動態学

4.担当予定科目 :
(1) 生物資源科学部:環境汚染化学,実用分析化学,専攻実験,環境共生科学入門,環境共生科学概論,環境共生科学基礎セミナー,外書講読,卒業研究の指導等
(2) 自然科学研究科(博士前期課程):環境共生計測特論,修士論文の指導等

5.着任時期 : 平成31年3月1日以降できるだけ早い時期(平成31年3月31日以前の着任とする。)

6.使用者 : 国立大学法人島根大学

7.試用期間 : 採用の日から6月

8.待 遇 :
(1) 勤務時間 裁量労働制を適用
(2) 休 日  土曜日及び日曜日,国民の祝日,12月29日から1月3日までの日
(3) 休 暇  年次有給休暇,病気休暇,特別休暇
(4) 給 与  年俸制
  国立大学法人島根大学年俸制適用職員給与規程に基づき決定,各種諸手当の支給あり
  (退職時の退職手当は支給しない。年俸額に退職手当を含めて支給)
(5) その他      国家公務員共済組合法及び雇用保険法を適用
       所定勤務時間外勤務 業務上必要がある場合には命ずることがある
       育児休業制度 有
       介護休暇制度 有

9.応募資格 :
(1) 博士の学位を有する方または取得見込みの方。
(2) 環境動態学分野の教育および研究を担える能力を有する方。
(3) 組織運営への参加及び地域社会への貢献を行う意思を持つ方。

10.応募書類 :
(1) 履歴書(顔写真を貼付のこと)
(2) 個人調書(本学系所定の様式) [Word]
(3) 教育研究業績書(本学系所定の様式)  [Word]
     (2)、(3)の記入方法 [PDF]
(4) 発表したすべての査読付き論文の別刷りまたはそのコピー
(5) 申請者が獲得した研究資金の一覧(代表・分担を明記)
(6) 研究業績の概要と着任後の研究に対する抱負(A4版用紙 2枚程度)
(7) 着任後の教育についての抱負(外国人の場合は日本人学生を教育することへの抱負を含む。)(A4版用紙 1枚程度)
(8) 応募者の連絡先(住所,電話番号,メールアドレス)
(9) 応募者に関する意見を伺える方2名の所属,氏名,連絡先等
  ・原則として応募書類は返却しませんのでご了承ください。

11.提出期限 : 平成30年11月30日(金)消印有効

12.提出先 : 〒690-8504 松江市西川津町1060
                  島根大学学術研究院環境システム科学系長 井藤 和人
                (封筒に「環境動態学分野教員公募書類」と朱書きの上,簡易書留で郵送のこと)

13.問合先 : 〒690-8504 松江市西川津町1060
                  島根大学生物資源科学部環境共生科学科 教授 谷野 章
                (e-mail: yano@life.shimane-u.ac.jp  Tel: 0852-32-6543)

14.選考方法 :
(1) 第1次審査:書類選考
(2) 第2次審査:プレゼンテーション・面接
(第1次審査通過者に対して実施日時,実施方法等をお知らせします。来学のための経費は自己負担となります。)

15.選考結果の通知 : 応募者にお知らせします

16.その他 :
 環境動態学コースの概要は,環境共生科学科のホームページhttp://www.ess.shimane-u.ac.jp/をご覧下さい。授業科目の内容は,シラバス(島根大学ホームページの「教育〔学部・大学院〕」→「修学インフォメーション」)をご参照下さい。
 本選考は,島根大学男女共同参画基本理念・基本方針に基づいて行われます。理念・方針については,本学ホームページhttps://www.shimane-u.ac.jp/の「大学紹介」→「理念・憲章」→「快適な学内環境の構築」→「男女共同参画推進」に掲載されております。
 (http://gender.shimane-u.ac.jp/
 今後の国際化を加速させるため,外国人の応募者で適任者(日本人学生に対する授業を担当する能力を有することを含む。)がいる場合にはその方を優先的に採用します。