重点・萌芽研究等

【重点研究部門(第5期:平成29~31年度)】

■医療診断応用研究を中心に据えたラマン分光法の医理工農連携研究

 (プロジェクトリーダー:生物資源科学部 山本 達之 教授)

■山陰地方における医療・福祉・教育への情報技術の実践的な活用

 (プロジェクトリーダー:総合理工学研究科 縄手 雅彦 教授)

■山陰地域をフィールドとする沈み込み帯での自然災害の予測・軽減技術の開発

 (プロジェクトリーダー:総合理工学研究科 汪 発武 教授)

 

【萌芽研究部門(第7期:平成28~29年度)】

■医療用三次元加工機専用CAM開発

 (プロジェクトリーダー:医学部 内尾 祐司 教授)

■『古代出雲世界』の認識と境界の成立についての研究

 -考古学・地質学・歴史学のコラボレーション-

 (プロジェクトリーダー:法文学部 岩本 崇 准教授)

■統合的な乾燥・硬化解析システムの開発

 (プロジェクトリーダー:総合理工学研究科 横田 正幸 教授)

■環境DNAを用いた汽水域に棲息するニホンウナギの生態解明および利活用

 (プロジェクトリーダー:生物資源科学部 高原 輝彦 助教)

■ヒッグス・初期宇宙プロジェクト

 (プロジェクトリーダー:総合理工学研究科 波場 直之 教授)

■筋萎縮を予防する高機能性米の開発とその利用

 (プロジェクトリーダー:生物資源科学部 赤間 一仁 教授)

■山陰地域の生活課題解決に向けたアプローチ方法の探求と構築

 -生活困窮者支援策の開発と推進を中心として-

 (プロジェクトリーダー:法文学部 宮本 恭子 准教授)

■高秩序な分子配列空間を基盤とする新奇光捕集/コヒーレント光発生システム創生

  プロジェクト

 (プロジェクトリーダー:総合理工学研究科 藤村 卓也 助教)

 

【特別研究部門:平成28~33年度】

■難治性がん撲滅に向けての集学的研究の推進-膵がん・胆道がんを中心とした難治性がんに対する早期診断法・低侵襲的ながん治療法の確立-

   研究代表者:医学部 浦野 健 教授

■地域包括ケアを志向した学際的研究組織の確立-大学と地域を結ぶ現場密着型の学際的研究教育ネットワークの確立と地域医療リーダーの育成-

  研究代表者:医学部 並河 徹 教授

■閉鎖性水域学際研究拠点形成-斐伊川水系宍道湖・中海をモデルフィールドとする閉鎖性水域学際研究プロジェクト-

  研究代表者:エスチュアリー研究センター 齋藤 文紀 センター長