保険制度

 学生教育研究災害傷害保険等

   ① 学生教育研究災害傷害保険

   この保険は,学生の教育研究中等の災害事故に対する補償救済の制度です。

○ 保険金が支払われる場合 

担保範囲

                

正課中 

  講義,実験,実習,演習又は実技などの授業中とそれらに関する研究活動を行っている間

学校行事中

  入学式,オリエンテーション,大学祭,卒業式など大学が主催する学校行事の間

大学施設内にいる間

  授業間の休憩中あるいは昼休み中など,上記以外で大学の施設内にいる間。ただし,寄宿舎にいる間は除きます。

課外活動中

  学内又は学外で大学の定めた手続きで活動している間

通学中等

  正課又は学校行事や課外活動のために,住居と学校施設との間の通学,又は学校施設と学校施設との間の移動中

○ 保険金の種類及び金額

担保範囲

死亡保険金

後遺障害保険金

医療保険金

入院加算金

正課中

学校行事中

2,000万円

120万円~

    3,000万円

3,000円~30万円

(治療日数1日以上が対象)

1日につき

  4,000

大学施設内

課外活動中

1,000万円

60万円~

    1,500万円

3万円~30万円

(治療日数14日以上が対象)

1日につき

  4,000

(注)ア.死亡,後遺障害保険金は,事故の日から180日以内に死亡し又は障害が生じたときに支給されます。

    イ.入院加算金は,180日を限度として支給されます。

○ 掛金と保険期間

  掛金と保険期間は次のとおりです。保険料を支払った人は,振込金領収書を各自で保管してください。

保険期間・掛金

学部等

1年間

2年間

3年間

4年間

法文学部

1,000

1,750

2,600

3,300

教育学部

総合理工学部

生物資源科学部

大学院

1,000

1,750

2,600

 

 (注)休学の期間が通算して1年以上になる場合は当該休学期間分,退学する場合は退学した年度の翌年度以降の保険料が返還されますので,学生支援課に申し出てください。

 

  学研災付帯賠償責任保険

  この保険は,学生が教育研究活動中に万が一他人にケガをさせたり,他人の財物を損壊したことにより賠償責任を負った場合及び臨床法学実習中に知りえた依頼人の個人情報に関し,人格権侵害補償を負った場合に備えての制度で,学生教育研究賠償責任保険及び法科大学院生教育研究賠償責任保険があります。

 ○ 加入対象者

      学生教育研究災害傷害保険に加入している学生に限ります。

 ○ 補償対象となる活動範囲

学生教育研究賠償

責任保険

正課,学校行事,大学が教育活動の一環として位置付ける国内でのインターンシップ,介護体験活動,教育実習,保育実習,ボランティア活動及びその往復途中

法科大学院生教育研究賠償責任保険

正課,学校行事,大学が教育活動の一環として位置付ける国内でのインターンシップ,ボランティア活動及びその往復途中並びに正課,学校行事としての臨床法学実習

○ 補償金額と保険料

     補償金額と保険料は次のとおりです。保険料を支払った人は,振込金領収書を各自で保管してください。

 (学研賠補償金額)

対 人 賠 償

対 物 賠 償

 対人賠償と対物賠償合わせて1年あたり1事故につき1億円限度(免責金額0円)

 

 (法科賠補償金額)

対 人 賠 償

対 物 賠 償

 対人賠償と対物賠償合わせて1年あたり1事故につき1億円限度(免責金額0円)

人格権侵害補償

1年あたり1事故1,000万円限度(免責金額0円)

 (保険料)

学生教育研究賠償責任保険

    340円(1年間)

法科大学院生教育研究賠償責任保険

 2,300円(1年間)

 (注)複数年加入の場合は,年間保険料×加入年数=保険料となります。

 

③ 災害を被ったときの措置

  災害を被った時は,速やかに学生支援課へ報告してください。以後の手続きは担当者が指示します。この報告が遅れると保険料が支払われないことがあります。

お問い合わせ

学生支援課
総務・学生活動支援グループ