受託研究

受託研究とは,本学が民間等外部の機関からの委託を受けて行う研究です。
研究に要する経費は委託者が負担し,本学は委託者へ研究成果を報告します。
この他に,臨床研究及び受託検査がありますが,別途お問い合わせください。
なお,共同研究と違って民間機関等の研究者と共同で研究するものではありません。

 

 受託研究の流れ図

  

研究経費の負担内容

・委託者には下記の経費を負担していただくことになります。

・直接経費:研究遂行に必要な経費(謝金,旅費,研究支援者等の人件費,設備費等)

・間接経費:研究遂行に関連して必要となる経費(既存の設備等を利用するための経費(技術料,機器損料,その他))で,直接経費の30%に相当する額です。

 

受入の時期

・受託研究の申込みがあった都度,随時受入れることができます。

 

特許の取扱い

受託研究の結果,発明を行った場合には,本学に帰属します。

ただし,委託者又は委託者の指定するものが優先的に実施することを希望した場合,出願したときから原則10年を超えない範囲内で優先的に実施することができます。