ドバイでの材料科学のワークショップにて大庭卓也教授が講演しました

2014年6月13日

2014年5月25日-29日 第1回材料科学関連のワークショップ(1st International Workshop on Materials Science & Modeling)がUAEのドバイにて開催されました。本ワークショップでは、世界から10名の研究者が集い、主に中東の学部学生や大学院学生を対象にし、材料科学の基礎から最先端までの講義が行われました。
本学総合理工学研究科 物理・材料科学領域の大庭卓也教授は、講師として日本から唯一参加し、たたら製鉄で作られる日本刀の硬さの要因になるマルテンサイト組織についての最新の研究成果を織り交ぜながら講義を行いました。
 ワークショップでは学生のポスター発表も行われ、優秀学生の表彰が行われました。
ワークショップの詳細はこちらのHPをご覧ください。
http://www.dubaimaterialscience.com/index.html

 

ドバイワークショップ.jpg

 *写真:表彰式後のセレモニーで受賞者たちと