総合理工学研究科 横田正幸教授の研究成果に基づく塗料などの乾燥硬化評価装置が製品化されました。

2016年6月22日

総合理工学研究科 機械・電気電子工学領域の横田正幸教授の研究成果を基にした装置が製品化されました。この装置は,ディジタルホログラフィを用いて,塗料などの乾燥硬化過程を非接触かつ定量的に評価するものです。この装置の開発と製品化は,科学技術振興機構の研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)の事業として行われました。よりくわしい情報は,下記の科学技術振興機構のプレスリリースをご覧ください。

 

 塗料の乾燥硬化過程の定量的評価と可視化を実現~ディジタルホログラフィを用いた非接触乾燥硬化評価装置の製品化に成功~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160615-2/index.html