ダム貯水池の水環境に関するシンポジウムのご案内【11/07】

2017年9月28日

 

「応用生態工学会 広島」「土木学会 水工学委員会 環境水理部会」の主催、「島根大学 エスチュアリー研究センター」の共催で、ダム貯水池の水環境に関するシンポジウムを開催します。ご興味のある方はぜひご参加ください。

 

 「ダム貯水池の水環境に関する現状と将来(第2回)in松江」

 〈日時〉平成29年11月7日(火) 13:30〜17:30 (受付13:00〜)
 〈会場〉松江テルサ 大会議室
     〒690-0003島根県松江市朝日町478番地18
 〈主催〉応用生態工学会 広島、土木学会 水工学委員会 環境水理部会
 〈共催〉島根大学 エスチュアリー研究センター
 〈後援〉国土交通省 中国地方整備局、島根県、
     一般社団法人 建設コンサルタンツ協会 中国支部
 〈申込締切〉平成29年10月20日(金)
 〈参加費〉無料

 

 ●プログラム

 13:00〜 受付開始
 13:30〜13:35 開会挨拶・趣旨説明 赤松 良久(山口大学大学院 創成科学研究科 准教授)
 13:35〜14:05 講演1「島根県三瓶ダムの水質改善の取組み」 
 福田 慎(島根県 土木部 河川課 河川開発室 企画幹)
 14:05〜14:35 講演2「ダム貯水池のカビ臭の発生状況とその発生メカニズムについて」
 黒川 岳司(呉工業高等専門学校 環境都市工学分野 准教授)
 14:35〜15:05 講演3「島根県管理ダムにおける水質対策の効果と課題」
 増木 新吾(島根大学 エスチュアリー研究センター 特任助教)
 ------休 憩------
 15:15〜15:45 講演4「ダム貯水池における生物現象と現象発生に伴う課題」
 大谷 修司(島根大学 教育学部 自然環境教育専攻 教授)
 15:45〜16:15 講演5「ダム貯水池におけるカビ臭対策事例」
 木村 文宣(一般財団法人 水源地環境センター 研究第二部 主任研究員)
 ------休 憩------
 16:25〜17:25 総合討論会
 コーディネーター 矢島 啓(島根大学 エスチュアリー研究センター 教授)
 17:25〜 閉会挨拶


問い合わせ先
 矢島 啓(やじま ひろし)
 島根大学エスチュアリー研究センター
 〒690-8504 島根県松江市西川津町1060
 Tel: 0852-32-6067
 Fax: 0852-32-6099(エスチュアリー研究センター事務室兼用)
 yajima@soc.shimane-u.ac.jp
 
 
 詳しくはこちらをご覧ください。(シンポジウム開催案内チラシ)