「やさしい医工連携シンポジウム2018」を開催しました

2018年4月12日

 平成30年3月28日(水)にビッグハート出雲 白のホールにおいて,島根大学と出雲市の主催で「やさしい医工連携シンポジウム2018」を開催しました。産学官金の関係者が県内外から約100名が参加し,5月から島根大学と共同研究を開始する株式会社ユーグレナの出雲充社長もご参加いただきました。
 このシンポジウムは,「やさしい医工連携」の取組を紹介するとともに,金融機関を交えた講演とパネル討論により,これからの時代に求められる産学官連携の姿と金融機関を加えた地域企業の強固なネットワークを形成する目的で開催されました。
 講演の部では,まず,産学連携センターの中村守彦教授が『「やさしい医工連携」が秘めた地域創生の可能性』と題して,「やさしい医工連携」の事例を紹介し,大学との共同研究を身近に感じていただくことで地場企業の方にも参画しやすい取組であると一般の方々にも分かり易く講演しました。次に,今後の産学官金連携に向けて,山陰合同銀行地域振興部 西郷克典地方創生担当部長が「産学官連携に果たす金融機関の役割と期待」と題して講演しました。続いてのパネル討論では,研究開発者,金融関係者および行政担当者がシンポジストとなり産学官金それぞれの立場から思いを語りました。さらに,会場では製品化された医療機器等を展示発表し,ハンズフリーLEDライトや点滴サポーター等を実際に見て,参加者は興味を示し,産学官金の間で意見交換して交流を深めました。

長岡出雲市長の挨拶 服部学長の挨拶
長岡出雲市長の挨拶 服部学長の挨拶
中村教授の講演 西郷部長の講演
中村教授の講演 西郷部長の講演

 
※地域医学共同研究部門のHPもご覧ください。


【本件のお問い合わせ先】
地域未来協創本部(旧研究・学術情報機構 産学連携センター)
地域医学共同研究部門 TEL0853-20-2912