AED(自動体外式除細動器)を使用した救急法講習会を開催しました

2018年6月14日

平成3066日(水),松江キャンパスにおいて,本学職員を対象とした「平成30年度前期AED(自動体外式除細動器)を使用した救急法講習会」を開催し,49名の職員が受講しました。

 

この講習会は,大学施設内に設置されているAED(自動体外式除細動器)の使用方法及び救急救命の知識を習得することを目的に,年2回実施しているものです。

 

当日は,日本赤十字社救急法指導員である本学職員の山崎文子氏を講師に,熱中症への対応,怪我の手当,AEDの知識や重要性等の講義に続いて,人工呼吸,胸骨圧迫(心臓マッサージ)による心肺蘇生,AEDを使用した一次救命処置,気道異物除去等の実技講習が行われ,最後に災害時の避難行動や心構えについて説明がありました。

 

本講習会は,平成186月から開始し,受講者も全職員の7割を超えました。

 

 

 

平成30年度前期AED01.JPG   

平成30年度前期AED02.JPG

 実技講習の様子

 

 

 

 

 

お問い合わせ

人事労務課
企画・労務管理グループ
電話:0852-32-6622