自然科学研究科

自然科学研究科

自然を究め,持続可能な明日を創る

 博士前期課程では、専攻分野における確かな専門知識や技術、超スマート社会で主体的な役割を担うための情報技術力、外国語によるコミュニケーション力とグローバルな感性、柔軟な発想力をもって、社会や産業の構造変化に即した科学・技術の発展と持続可能な社会の実現に俯瞰的・総合的視点から寄与できる創造性豊かな高度技術者・研究者及びグローバルな視野を持って地域社会の発展に貢献できる人材を養成しています。
 博士後期課程では、「生物」と「非生物」の枠にとらわれない、広い視野を持って新たな分野を切り拓いていける人材を育成するために、研究科内の各研究分野間に融合教育を推進しています。博士前期課程で身につけた専門知識と幅広い学問分野の基礎知識を基に、自らの専門分野における能力をさらに磨き高めるとともに、広い視野を身につけることにより、極めて高度な専門知識と技能、秀でた創造力と独創性を持って新たな科学・技術を創成し、持続可能な地域社会、国際社会の表現に寄与できる理学分野と工学分野の研究者、高度技術者を養成しています。

自然科学研究科オリジナルサイトはこちら  https://www.natural.shimane-u.ac.jp/

自然科学研究科博士前期課程の理念・目的,教育内容等
 自然科学研究科博士前期課程のディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミションポリシー

自然科学研究科博士後期課程の理念・目的,教育内容等
 自然科学研究科博士後期課程のディプロマポリシー・カリキュラムポリシー・アドミションポリシー

 自然科学研究科の論文評価基準