ハラスメントの防止

「島根大学はハラスメントを許しません」

                                国立大学法人島根大学
                                  学長  服 部 泰 直

 私は,島根大学の運営の最高責任者として,本学におけるハラスメントを許さないこと,そのためにハラスメント防止措置の実施に全力を尽くすとともに,万が一ハラスメントが発生した場合には,被害者救済を基本としつつ全力を挙げて解決を図ることを宣言します。

 
 島根大学は地域の総合大学として,教育・研究・医療について重い責任を負っています。この責任を果たすためには,学生,教職員を中心に多くの人間が良好な関係で学び働く環境が保障されなければなりません。しかしながら,様々な人間関係の中,性的関心や欲求に基づく言動により相手の就学就業の環境を害し,人格を著しく傷つける事態が生ずることがあります。あるいは,指導と被指導の関係の中で,不適切で従属的立場に置かれ,就学就業環境が害されるのみならず,相手方の人格が傷つけられることがあります。
 ハラスメントとは,このような事態も含め,国籍,性別・性的指向・性自認,年齢,職種等,さまざまな事項に係り,他者の人格や尊厳を侵害する言動であり,相手に不快感や不利益を与え,就学就業・教育研究環境を悪化させる行為と説明されるものの総称です。本学は,良好な学生の就学環境,教員の教育研究環境,職員の就業環境を損なう行為が発生しないよう適切な措置を講じることにより,全力を挙げてこれを防止するとともに,不幸にして問題が発生した場合には被害者本位で迅速に事態が改善されるよう最大限の努力を行います。

 本学は,大学憲章において,「学問の自由と人権を尊重」し,「社会の信頼に応える」学問の府であることを,理念の一つとして掲げています。また「研究活動に関する研究者の行動指針」においては,「人権や人格を尊重」するとともに「社会的規範にもとることなく,自己規律と高い倫理観を持つべき」ことを明記しています。この立場からは,法令遵守はもとより,すべての構成員が人間としての普遍的権利である人権を認め合い,就学就業そして教育研究活動を安心して行うことのできる環境を整備し,守ることが求められます。まさに本学がハラスメントを許さない教育研究機関を目指す所以です。


◆ ハラスメントとは?
 

◆ 島根大学ハラスメント防止マニュアル(学内限定)
 

◆ 「ハラスメントを受けた」と思ったら...
 

◆ ハラスメントの加害者にならないために
 

◆ ハラスメント対策規程
 

◆ 島根大学におけるハラスメント対応体制
 

◆ ハラスメント相談員名簿(学内限定)(e-mailでの相談も受け付けます)

◆ ハラスメント防止のための研修・ガイダンス

参考: 厚生労働省HP「職場におけるハラスメントの防止のために」


参考:厚生労働省HP「あかるい職場応援団 -職場のハラスメントの予防・解決に向けたポータルサイト-」