フィッシングメール被害の報告及び個人情報等の漏えいに関するお詫び

2018年6月22日

 

 

フィッシングメール被害の報告及び個人情報等の漏えいに関するお詫び

 

 

このたび,本学教職員がフィッシングメールを受信し,本学が利用しているメールサービスのサインイン画面に酷似した偽のサイトにパスワードを入力する事案が2件あったことが判明しました。

1件は,不正に入手されたパスワードにより本人に成りすまされ,多量の迷惑メールが送信されました。

もう1件は,電子メール転送先の不正な改ざんが行われ,本人の意図しない転送先を設定されたことにより,個人情報等が漏えいしました。

今回の事案により,個人情報の漏えいが確認された方及び迷惑メールを受信された方に多大なご迷惑をおかけすることになり,深くお詫び申し上げます。

 今回の事態を重く受け止め,パスワードの適切な管理について,より一層の周知徹底を図るとともに,再発防止について法人をあげて取り組んでまいります。

 

 

国立大学法人島根大学                                

最高情報セキュリティ責任者                       

理事(学術研究・地域連携担当)/副学長  

秋 重 幸 邦

 会見資料

1.電子メールのパスワード詐取被害に伴う多量迷惑メールの送信について.pdf(230KB)2.電子メール転送先の改ざん被害に伴う個人情報等の漏えいについて.pdf(236KB)

 

 

お問い合わせ

企画広報情報課
情報基盤室(総合情報処理センター:松崎)
電話:0852-32-6091