平成30年度ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞を受賞しました

公開日 2018年08月03日

 

研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 中川 強教授が、独立行政法人日本学術振興会より「平成30年度ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞」を受賞しました。

 ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞は、日本学術振興会が科研費の成果を普及・還元する事業「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業)」において継続的にプログラムを実施し、我が国の将来を担う子どもたちの科学する心を育み知的好奇心の向上に大きく貢献した研究者を讃えるために授与する賞です。 

 これまで中川教授は,同事業において小学校高学年を対象に,ルーペ,実体顕微鏡,生物顕微鏡,走査型電子顕微鏡,蛍光顕微鏡を用い,植物、微生物、昆虫、原生動物などの複雑な組織や不思議な形態の細胞を観察する体験学習を行ってきました。

 また,大学構内の生物探索も実施し,参加した多くの児童たちは,驚きとともに科学に対する興味が一層強くなったことと思われます。このようなプログラムを継続的に実施してきたことが評価され,今回の受賞に至りました。
賞状授与 


説明

お問い合わせ

研究協力課