留学生と日本人の交流イベント「知らないと後悔する世界の言葉」を開催しました

2018年12月13日

 12月10日(月)17時30分から、外国語教育センターワークステーションにおいて、「知らないと後悔する 世界の言葉」を開催いたしました。このイベントでは、留学生が日本語に翻訳できない世界の言葉を紹介しました。留学生や一般社会人の方々、教職員を含め45名が参加しました。

ポスター.jpg

 当日は、中国語、韓国語、英語、フランス語、ベトナム語、ドイツ語、アイスランド語、タイ語、計8言語の翻訳できない言葉が紹介されました。その一例を紹介します。
  アイスランドの言葉に「Gluggaveður」という言葉があります。直訳すると「窓の天気」です。風も吹いておらず、天気が良いのに、とても寒い天気のことを指す言葉です。

アイスランド語1.jpg

  韓国の言葉に「Siwonhada」という言葉があります。熱い食べ物を食べる時に流れる汗が蒸発するときに感じる涼しさを指す言葉です。

韓国語1.jpg

  会場では、言葉の紹介だけでなく、その国の気候や文化の紹介も行われ、大変な盛り上がりを見せていました。参加した日本人学生は、翻訳できない言葉を通して、世界の文化に触れることができました。また、発表した留学生にとっても授業で学んだ日本語を実際に使う良い機会となりました。

会場の様子.jpg

  このイベントで紹介された言葉は、「知らないと後悔する 世界の言葉」に掲載されています。内容やイラストは、すべて島根大学の留学生によるオリジナル作品です。 

  

【知らないと後悔する 世界の言葉】

 

お問い合わせ

外国語教育センター
電話:0852-32-9837