吹奏楽の可能性を追求!多様な作品に挑戦(定期演奏会のお知らせ)

2018年12月17日

 島根大学音楽教育連携推進室では,プロジェクト「山陰の音楽文化資源を活用した地域連携推進事業-島根大学発,音楽による地域魅力化への試み-」を展開しており,地域の音楽活動や芸術文化の《継承と発展》を推進する活動を行っています。また,島根大学教育学部は(公財)しまね文化振興財団(島根県民会館)と地域の文化振興を目途とした包括的な連携協定を結んでいます。この連携協定に基づき、両者の共催によって実施される文化関連事業の1つにスチューデント・シリーズがあります。島根大学吹奏楽団定期演奏会(島根大学開講科目「合奏(ウインドアンサンブル)」)はこの事業にあたります。スチューデント・シリーズとは学生を主体とする授業成果の発表や地域貢献を目的としたシリーズで,いずれも島根県民会館を主会場として実施されます。
今年は吹奏楽のオリジナル作品であるJ.マッキー/Sheltering skyやR.R.べネット/バンドのためのシンフォニック・ソング、D.ミヨー/フランス組曲、A.リード/春の猟犬の他に,管弦楽曲である,G.ヴェルディ/「運命の力」序曲,ミュージカル曲の編曲作品であるL.バーンスタイン/ウエストサイドストーリーより「4つのダンス」等,幅広い作品を取り上げ,吹奏楽の表現の可能性を追求します。
開催日時:2018年12月23日(日)開場14時30分 開演15時00分
場所:島根県民会館大ホール 入場無料
島根大学音楽教育連携推進室のHPはこちら                                                                                                                                      

 

定期演奏会画像データその2.jpg 

         島根大学吹奏楽団第58回定期演奏会 演奏風景       

チラシ(クリックで拡大します)