「しまね大交流会2018」を12月15日(土)に開催!

2018年12月21日

しまね大交流会2018」を1215日(土)に開催

来場者過去最大26001500名が「若者」

地域最大級の「交流」「キャリア教育」の場として地元に定着 

学び」「魅力発信」「イノベーション」の3つを目的に、今年4回目の開催なる「しまね大交流会2018」を、1215日(土)にくにびきメッセにて開催しました。

オープニング.jpg

 本事業は、平成27年度文部科学省「地(知)の拠点大学における地方創生推進事業(COC+)の採択を受け、地域で活躍する人材の育成・定着を図るため、県内高等教育機関及び企業・行政・団体と連携し、「オールしまね」で推進する事業の一環として実施しています。

開催概要

日時:1215日(土)11:0016:30

場所:くにびきメッセ 大展示場・小ホール

主催:しまね大交流会実行委員会・島根大学

共催:島根県立大学・島根県立大学短期大学部

   松江工業高等専門学校・島根県・島根県教育委員会

協賛: 中海圏域就業支援連携事業推進協議会松江市・米子市・安来市・境港市)

 当日は島根・鳥取の企業・団体・大学研究室等208ブース(うち企業142、自治体・団体24、大学・高専等42)の出展、学生約1500名の参加を含む2600名を超える来場者(昨年度は学生1187名を含む2170名の来場者)があり、会場は若者と大人の交流で熱気に包まれていました。今回は新たに島根県教育委員会も共催に加わり、高校生向けのセミナーと保護者や教員向けのセミナーも実施しました。

 出展企業からは「予想以上に多くの学生と交流することができた」、「学生のみなさんが熱心に説明を聞いてくれて感動した」、「学生だけでなく他の地元企業や保護者の方等、普段の説明会では出会えないような方に当社を知っていただく機会が得られた」、また学生・生徒からは、「今まで知らなかった分野の企業や団体の方とお話しすることができ、想像以上に楽しめた」、「インターンシップに行くきっかけが作れた」、「実際に働いている方の話が聞けたので今後の就職活動に役立てたい」といった声をいただきました。

 来年は2019年11月16日(土)に開催予定です。地域の皆様にとって恒例の交流イベントとして定着していくことを期待しています。

会場全体.jpg