手錢記念館コレクション展「さの子さん、上方を旅する―江戸の旅事情―」を開催します

2019年1月10日

 出雲市大社町の美術館、手錢記念館のコレクション展を松江で開催します。松江での開催の第3回目となる今回の展示のテーマは「さの子さん、上方を旅する―江戸の旅事情―」です。

 出雲大社の門前町大社で造り酒屋を営む傍ら、町役や藩の御用宿などを勤めていた手錢家には、和歌や俳諧などの文学関係資料や様々な文書が伝来しています。これまでの調査・研究によって、江戸時代の大社地域は和歌や俳諧の活動が盛んで「出雲歌壇」ともいうべきものが形成されており、手錢家はそれに深くかかわっていたことが分かってきました。手錢家の七代当主の妻である手錢さの子も和歌・俳諧に秀で、当時の歌集や句集に多くの作品が採録されています。

 その「さの子」さんが、万延元年(1860年)に、長年の念願であった上方・伊勢方面に旅にでました。手錢家の歴代当主が書き継いできた『萬日記』には、その旅をめぐる様々なことが記録されています。今回の展示では、『萬日記』の他に、旅の行程表や宿のリスト、買い求めたお土産、当時のガイドブックなど、江戸の旅事情が分かる様々な資料をはじめとして、手錢家に宿泊した伊能忠敬に関する資料、地誌や紀行文といった旅と繋がる書籍をとおして、江戸時代の旅のあれこれを紹介します。

期 間: 2019年1月12日(土)~1月27日(日)

     ※大学入試センター試験に伴い、次のとおり開館時間の短縮及び休館します。

       1月18日(金)は8:30~17:00まで(通常よりも短縮)

       1月19日(土)・20日(日)  休館

開館時間 (月~金)        8:30~21:30

       (土・日・祝日)   10:00~17:30

会 場: 島根大学附属図書館 1階地域コミュニティラボ(展示室) ※入場無料

主 催: 出雲文化活用プロジェクト(手錢記念館・島根大学法文学部山陰研究センター・島根大学附属図書館)

お問い合わせ: 島根大学企画部図書情報課 TEL:0852-32-6087   FAX:0852-32-2781

「江戸の旅事情」展ポスター

 ※クリックするとPDFファイルが別ウィンドウで開きます

*出雲文化活用プロジェクト

手錢家所蔵資料の調査研究、翻刻、デジタル化を進め、その成果を公開することによって、江戸時代における出雲大社周辺地域の生活文化や文芸活動の諸相を広く地域市民と共有することを目的として、(公財)手錢記念館、島根大学法文学部山陰研究センター、島根大学附属図書館が連携して立ち上げたプロジェクトです。2014年度から、毎年文化庁の助成を受けて事業を進めています。

お問い合わせ

図書情報課
情報サービスグループ
電話:0852-32-2750
ファクシミリ:0852-32-2781