島根大学とワシントン大学(米国)の教員が協働で医学英語テキストを発刊

2019年3月7日


 この度、島根大学医学部の教員が、医学部と教育・研究交流を持つ、ワシントン大学医学部のダグラス・パウ教授と協働で、日本で医療職を目指す学生を対象とした医学英語テキスト『医療従事者として最も大切なこと』を三修社より発行しました。本教科書は、パウ教授が書いた珠玉のエッセイを題材に、専門的な英語の語彙力、読解力、表現力が身につくよう編集され、医学英語の学習に役立つだけでなく、医療職というキャリアについて深く考え、患者、同僚、家族との信頼関係を築くきっかけとなることが期待されています。

医学英語_20190306_1.png 医学英語_20190306_2.png 医学英語_20190306_3.png


【書籍の詳細】

 ●タイトル:『総合英語:医療従事者として最も大切なこと』
       What Matters Most?- Stories that tell the heart of being a medical professional -
 ●著書:Douglas Paauw 著/ 岩田 淳 編著/ 玉木 祐子 編著/Murphy Lynne 編著
     日本人編著者は医学部医学英語教育学講座教員、外国語教育センター特別嘱託講師
 ●B5判/並制
 ●ページ数:100ページ
 ●課数:全15課
 ●定価:2,052円(本体1,900円+税)
 ●ISBN978-4-384-33488-3 C1082
 ●発行日:2019/02/20
 ●三修社のテキスト紹介ページ:https://www.sanshusha.co.jp/text/isbn/9784384334883



お問い合わせ

 医学部医学英語教育学講座・教授 岩田 淳
 電話番号:0853-20-2354