新規開講科目「イノベーション創成基礎セミナー」のフィールドワークを実施しました

2019年6月5日

 6月1日(土)、新規開講科目「イノベーション創成基礎セミナー」のフィールドワークを実施しました。この授業は中海・宍道湖・大山圏域市長会と共同で行っており、1日は島根・山陰地域で活躍を志すCOC人材育成コースの1年生約50人が圏域5市(松江、出雲、安来、米子、境港)の魅力や課題について取材しました。当日の訪問先は学生の意見を参考に自治体職員が考案し、松江城や神門通りといった観光名所を訪れたほか、観光客へのインタビューや当日開催されていたイベントへの参加、いちご農家で実際に仕事を体験するなど学生たちは各市の魅力を感じる機会となりました。

 翌日の6月2日(日)には他の自治体を訪れた学生の話を聞くワークショップを行い、各市で得た体験や経験を誇らしげに語る表情も見られるなど充実した2日間となりました。この授業の最終報告は7月中旬を予定しています。

松江城で説明を受ける学生

松江城で説明を受ける学生

神門通りの説明

神門通りを散策する学生

 

 

お問い合わせ

地域連携・研究協力課
電話:0852-32-9727