低カリウムメロン「しまね夢メロン」を使ったアイスクリームができました

2019年7月9日

 島根大学生物資源科学部で研究開発された透析患者用低カリウムメロン「しまね夢メロン」を使ったアイスクリーム、シャーベット、ゼリーが作られました。
 医学部附属病院では、栄養サポートセンター長の矢野彰三准教授をはじめ、栄養治療室の管理栄養士の方に試食をしていただきました。ミルクの香り、メロンの香り、なめらかさ、甘み、うまみ、後味等の項目で評価していただきました。その結果、量的に少し多い、少し甘すぎる、メロンの香りが少ないなどのご指摘を受けましたが、その成分分析結果を見ていただき、透析患者さんにとって、いつでもメロンを楽しんでもらえるものができたのではないかという声もかけていただきました。その後、患者さんにも試食していただくことになり、「冷たくて食べやすかった」などのアンケート結果の一方、「本物のメロンの方が良い」などの声も聞かれました。

低カリウムメロンを材料にしたアイス大学.jpg      附属病院での試食大学.jpg

 また、この低カリウムメロンを使ったアイスクリームが生物資源科学部後援会理事会終了後の昼食懇談会に出されました。人工透析患者さん用に研究開発した低カリウムメロンを材料に作られたアイスクリームであることを紹介し、食べていただきました。「美味しい。販売はされているのですか?」、「島根大学で研究開発した「しまね夢メロン」が材料に使われていることを容器に明記すれば」という声をいただきました。

 後援会終了後の昼食懇談会での試食大学.jpg

透析患者さんにいつでも低カリウムメロン「しまね夢メロン」を楽しんでもらうために今後改良を重ねていきたいと思います。

         


お問い合わせ
生物資源科学部農林生産学科
教授・浅尾俊樹
電話:0852-34-1817