古代出雲文化フォーラムⅧ【2/29開催】の参加申込みについて

2019年10月25日

 

 本学が主催する「古代出雲文化フォーラム」は、古事記編纂1,300年を記念して平成24年度から始まり、東京、広島、大阪など全国各地で回を重ね、今回で8回目の開催となります。

 開学70周年を迎えた今年度は、ここ松江市において~東アジアと出雲~をテーマに、海をはさんで一衣帯水の関係にある出雲と東アジアの、古代からの続くグローバルな交流について、最新の歴史的・考古学的な学術成果から考えていきます。

 また今年度は特別企画として、29日(土)のフォーラムにご参加頂ける方を対象に、翌1日(日)にフォーラム内容にゆかりのある資料や展示品を所蔵する松江市内の施設を巡るバスツアーを開催いたします。

 参加をご希望の方は、FAX・ハガキにてお申し込みいただくか、こちらの参加申込フォームよりお申し込みください。(申込締切:令和2年1月31日。当日消印有効)ただし,申し込みは先着順となりますので,定員になり次第締め切させていただきます。ご参加いただける方には、令和2年2月上旬頃、入場整理券をお送りいたします。

皆さまのお申し込みをこころよりお待ちしております。

 

※フォーラム当日は撮影が入る場合があります。そのため、TV・新聞・インターネット等に映り込み、掲載・放映される可能性がございますので、予めご理解の上、お申し込みください。

   

古代出雲文化文化フォーラムⅧ~東アジアと出雲~

■日 時  2月29日(土)13:00~17:00

■場 所  くにびきメッセ 国際会議場(島根県松江市学園南1丁目2番1号)

■参加費  無料

■司 会  石原 美和(フリーアナウンサー)

■開会挨拶 服部 泰直(島根大学学長)

■第1部 シンポジウム (13:40~16:05)
  「考古学からみた韓半島南部と山陰、そして勒島遺跡」
   李  昌熙(釜山大学校人文大学考古学科 助教授)

  「先史・古代出雲のなかの韓半島系文物」
   平郡 達哉(島根大学法文学部社会文化学科 准教授)」

  「古代吉備の鉄と韓半島」
   角田 徳幸(島根県埋蔵文化財調査センター 調整監))

  「東アジアのなかの古代山陰」
   大日方 克己(島根大学法文学部 教授))

■第2部 島根大学の取組  (16:20~16:50)
  「島根大学総合博物館」
   入月 俊明(島根大学総合博物館 館長/総合理工学部地球科学科 教授)

  「島根大学次世代たたら協創センター」
   秋重 幸邦(理事・副学長(学術研究・イノベーション創出担当))

島根大学・古代出雲バスツアー

■日 時  3月1日(日)8:45~12:00

■行き先・スケジュール
  JR松江駅集合(8:45)→松江市立鹿島歴史民俗資料館見学(9:30)→
  島根県立八雲立つ風土記の丘(10:30)→JR松江駅着・解散(12:00)

■対 象  2月29日(土)のフォーラムにご参加頂ける方とし、本ツアーでは必ずバスにご乗車頂きます。
     (自家用車等による各自での目的地への移動はできません。)

■参加費  無料

■その他 参加頂く方には保険に加入頂きます。(大学負担)

 

 HPからのお申し込みはこちらから → 参加申込みフォーム

 

 チラシはこちらから → 古代出雲文化フォーラムⅧ(2MB)

お問い合わせ 企画広報課

電話番号:0852-32-6603 FAX:0852-32-6630 

E-mail:forum@office.shimane-u.ac.jp

 

"/ "